中古車ガリバー、誰も知らない"新社名"の謎

社名変更に隠された壮大な未来計画

創業以来、中古車買い取り店ブランド「Gulliver」の看板が目印だった。今回、ブランドは残しつつ、会社の名前を変更した(撮影:風間仁一郎)

中古車買い取り大手、ガリバーインターナショナル。社名を聞けば、誰しもが黄色を基調とし、緑で「Gulliver」と書かれた看板を思い浮かべるだろう。同社は1994年の設立以来、店舗で買い取った車を、中古車オークションに出品する「卸売りモデル」を柱に業容を拡大してきた。

そのガリバーインターナショナルは、7月15日にひっそりと社名を「IDOM」(いどむ)に変更した。周辺業界では富士重工業が2017年4月に社名を「SUBARU」に変える方針だ。

新しい社名IDOMに込めた思い

新社名はIDOM(いどむ)。会社によればアクセントは「ど」ではなく、「い」に置くという。

ただ、ガリバーの場合は消費者が慣れ親しんだブランドを捨て、まったく違う社名に変更する。SUBARUとは逆のパターンだ。

社名変更の狙いを、創業家出身の羽鳥由宇介社長は、「(アパレル大手の)ファーストリテイリングが、ユニクロやジーユー、セオリーといった複数のブランドを抱えているように、IDOMも複数の販売チャネルを抱えるようになったから」と説明する。

ガリバーは創業者の羽鳥兼市・名誉会長の方針のもと、創業から10年間は中古車の”発生元”である買い取りでシェアを獲得し、中古車流通市場の川上を抑えることに注力してきた。

2016年2月末時点では直営店とフランチャイズ店を合せて全国372店と、他を圧倒する買い取りインフラを持つ。メーカー系ディーラーを除けば、日本で最大の中古車在庫をもつ会社になった。

だが、卸売りビジネスの弱みを露呈したのが、2012年にエコカー補助金が導入されたときだった。

次ページ限界が近づくビジネスモデル
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT