PGM、アコーディア買収失敗の“その後"

新生・村上ファンドも絡み統合話再燃か

ゴルフ場運営首位のアコーディア・ゴルフに対するTOB(株式公開買い付け)が不成立に終わった、同業2位のPGMホールディングス。TOB最終期限の翌日1月18日に“敗戦の弁”を記者団の前で語った神田有宏・PGM社長が2月12日、1カ月弱ぶりに決算説明会の場へ姿を現した。

旧村上ファンド関係者が代表を務める投資ファンドのレノ、という想定外のプレーヤーがアコーディア株の大量取得を行ったために、頓挫したPGMによるTOB。レノがPGMのTOBに応募しない条件として「TOBが終了した時点で、PGMとの経営統合に向けた交渉の場につくこと」をアコーディア側に公開書簡で要請した結果、アコーディアも「交渉の場につく用意がある」と回答していた。

そのためTOB終了後は目立った動きのないPGMとアコーディアだが、いずれレノも絡んだ形でゴルフ場運営2強の統合話が再燃することは避けられない情勢だ。

来場者は増えたが客単価は続落

今回の決算説明会の場で、神田社長は「今後、経営統合に関して何が起きるかは不明だが、TOB(による経営統合)よりも株式交換比率が重要になってくる。株価を上げる奇策はなく、本業の収益力をいかに上げるかが大事」と説明。今2013年12月期は、アコーディアに比べて見劣りする収益力のカサ上げに力を入れる方針をあらためて打ち出した。

PGMの前12年12月期は、震災前の10年12月期の収益水準越えを狙った期初計画に比べれば、やや期待はずれの結果に終わった。売上高は11年12月期比7%増の757億円、営業利益は同41%増の102億円と、震災影響が直撃した11年12月期に比べれば増収増益で着地したものの、10年12月期水準(売上高795億円、営業利益115億円)への復活には道半ばといえる。

次ページ収益力の差が株価差に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT