PGM、アコーディア買収失敗の“その後"

新生・村上ファンドも絡み統合話再燃か

ゴルフ場運営首位のアコーディア・ゴルフに対するTOB(株式公開買い付け)が不成立に終わった、同業2位のPGMホールディングス。TOB最終期限の翌日1月18日に“敗戦の弁”を記者団の前で語った神田有宏・PGM社長が2月12日、1カ月弱ぶりに決算説明会の場へ姿を現した。

旧村上ファンド関係者が代表を務める投資ファンドのレノ、という想定外のプレーヤーがアコーディア株の大量取得を行ったために、頓挫したPGMによるTOB。レノがPGMのTOBに応募しない条件として「TOBが終了した時点で、PGMとの経営統合に向けた交渉の場につくこと」をアコーディア側に公開書簡で要請した結果、アコーディアも「交渉の場につく用意がある」と回答していた。

そのためTOB終了後は目立った動きのないPGMとアコーディアだが、いずれレノも絡んだ形でゴルフ場運営2強の統合話が再燃することは避けられない情勢だ。

来場者は増えたが客単価は続落

今回の決算説明会の場で、神田社長は「今後、経営統合に関して何が起きるかは不明だが、TOB(による経営統合)よりも株式交換比率が重要になってくる。株価を上げる奇策はなく、本業の収益力をいかに上げるかが大事」と説明。今2013年12月期は、アコーディアに比べて見劣りする収益力のカサ上げに力を入れる方針をあらためて打ち出した。

PGMの前12年12月期は、震災前の10年12月期の収益水準越えを狙った期初計画に比べれば、やや期待はずれの結果に終わった。売上高は11年12月期比7%増の757億円、営業利益は同41%増の102億円と、震災影響が直撃した11年12月期に比べれば増収増益で着地したものの、10年12月期水準(売上高795億円、営業利益115億円)への復活には道半ばといえる。

次ページ収益力の差が株価差に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT