ソニー、一見「堅調」も実は「苦境」

3四半期連続黒字の裏側

3四半期連続で営業黒字を確保したソニー。が、株式市場の反応は芳しくない。足元の急激な円安にもかかわらず、今期の通期見通しの上方修正はなく、また、資産売却益が営業利益をカサ上げしたことを見透かされているためだ。

ソニーは2月7日、今2013年3月期の第3四半期決算を発表した。12年4~12月の9カ月分を累計した営業損益は829億円の黒字(前年同期は658億円の赤字)と急改善。通期の営業利益も、期初に掲げた1300億円を据え置いた(前期は673億円の赤字)。

この数字だけみれば、ソニーは着実に回復軌道を描いているように見える。

主力製品の販売が苦戦

しかし、実際には中核事業であるエレクトロニクス5分野(カメラ、ゲーム、モバイル、テレビ、デバイス)が軒並み苦戦を強いられている。今回の決算発表と同時に、主力製品の年間販売台数を次のように下方修正したのだ(矢印の左側が昨年11月時点の想定、右側が今回の想定。カッコ内は前12年3月期の実績)。

液晶テレビ:1450万台→1350万台(1960万台)

ビデオカメラ:420万台→400万台(440万台)

コンパクトデジタルカメラ:1600万台→1500万台(2100万台)

携帯型ゲーム機:1000万台→700万台(680万台)

パソコン:850万台→760万台(840万台)

ブルーレイディスクプレーヤー/レコーダー:680万台→660万台(700万台)

販売台数目標を軒並み引き下げた背景には、採算を最優先し、あえて台数を追わないようにしている、という事情もある。

次ページテレビ、スマホ、ゲーム…課題は山積
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT