JR東日本特急から「自由席」が消えているワケ

「全指定席」化で車内改札などコスト高縮減へ

画像を拡大
新幹線0系の「自由席」表示(写真:こうしろう / PIXTA)

ただ、その頃の国鉄は、需要に対し慢性的に輸送力が不足しており、一種の輸送調整の意味もあって、すぐ新幹線・特急列車でも自由席を設ける例が頻出するようになる。

先がけの一つが1964年の年末年始に「こだま」に設定されたもの。特急料金も100円割り引かれた。要するに「座席の定員以上、利用者が殺到してもいいように」という意図が透けて見えた、逆に言えばやむを得ない施策であった。

その後、快適性と速達性を求める利用者に応じ、急行の特急への格上げが相次ぐ。そして特急でも停車駅を増やして、かつての急行の役割を肩代わりするものが目立つようになった。1970年代には頻繁運転と自由席設置を謳い文句とし、「気軽に乗れる」とPRした「エル特急」が全国を走り回るようになる。この傾向は国鉄が分割民営化されても同じで、今にまで続いている。

「指定が面倒」だから自由席?

では、なぜ現在に至るまで、座席の保証がない自由席が存続しているのであろうか。

まず考えられるのが、特急券購入の面倒さである。指定席だと、最終的に自分で日時、列車を決めて「みどりの窓口」で申し込まなければならない。自由席だと深く考えずにすぐ買え、乗車区間を走るどの列車に乗ってもよい。そんな需要に応じるかのように、国鉄から民営化されたJRになっても、その受け身の姿勢が続いた。

ただ、その弊害として生じたのが、自由席特急券の車内発売の多さである。1970年代から列車追跡ルポなどでもしばしば指摘されてきたことだが、混雑していると時間がかかる。並ぶのが嫌だなどという理由で、乗車前に窓口に立ち寄ることを避け、発車後の車内で特急券(時には乗車券も)を求める利用者が、特に首都圏において、跡を絶たない有り様に陥っていたのだ。

そういう人が座席を確保するため、早々にホームの乗車位置に列を作って待つという矛盾もあった。国鉄の「気軽に」という施策が裏目に出てしまった形である。

これにより車掌の車内改札が遅々として進ず、正直者が何とやらで、予め特急券を用意した人には、いささか迷惑とも感じられていた。また、発券業務に忙殺されて改札が行き届かず、不公平にも当たる、特急料金の取り漏らしが多々発生していたと聞く。

利用者側にも言い分はあろうが、列車の乗車前に所定のきっぷを購入しなければならないことは、鉄道営業法にも定めがある、社会のルールだ。「きっぷは目的地まで、正しくお求めください」というPRが行われること自体、いかにルール違反が横行していたかを表している。

次ページ人手がかかる自由席
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。