隠岐「島宿」が"大入り民宿"に大化けした理由

後継者を育てなければ宿は消え地域衰退へ…

海士町では、島の郷土料理や島の人情に触れることのできる民宿を「島宿」と呼んでいる。時として島のマルチワーカーたちがその仕事を手伝う宿でもある。品質を維持し、お客様に喜んでいただくのが島宿の約束だ。

画像を拡大
民謡キンニャモニャの踊り手の名手である女将さんが映っている「但馬屋」のポスター

現在、島宿は島に4軒ある。「但馬屋」には青々とした田んぼが目の前に広がり、裏庭では鶏が走り回る。新鮮な魚、野菜、米をはじめ、卵や納豆・味噌にいたるまですべてが自家製の「自産自消」の宿。運がよければ島の民謡「キンニャモニャ」の踊り手の名手である女将さんの踊りが観られるかもしれない。

ほかにも、カウンター越しに若主人が酒と創作和食をふるまう居酒屋が1階で、2階が客室となっている老舗民宿「なかむら」。宮大工が手がけた大きな農家屋を使い、窓を開ければそこは海という環境で一日一組だけをもてなす「小崎」。気さくな女将さんが田舎に帰ってきたような気分にさせてくれる「和泉荘」がある。

海士町へは、米子空港からも近い境港港や七類港からフェリーや高速船で約2~3時間、隠岐空港のある島後・西郷港から約1時間で行ける。隠岐汽船は、途中いくつもの島を巡りながら進むので、のんびりした船旅を楽しめる。ぜひ一度訪れてみることをおすすめしたい。

お勧めしたい全国の民宿10軒

全国には、個性的な家族経営の民宿がたくさんある。民宿は家族経営の小さな宿で、大旅館のようなサービスは期待できないが、利用者が宿に合わせることで、その個性を満喫できる。中でもお勧めの民宿を10軒、最後に紹介しよう。

ファームイン・トント(北海道・美深町)
羊農場を営む松山さんの宿。村上春樹の小説のモデルかという噂も。夕食はもちろんジンギスカン!
ろばた(山形県・蔵王温泉)
ジンギスカンといえば蔵王がその発祥の地。温泉街の居酒屋の2階は民宿になっている。源泉かけながしの温泉も。
お宿やまもと(千葉県・館山市)
東京から近い館山で、地魚など地元産の食材にこだわった民宿。魚介のうまさには定評あり。オールドノリタケのコレクションも。
ふらり(石川県・白山市)
白山麓の静かな山里で営む古民家を活かした小さな宿。料亭で修業したご主人の料理を囲炉裏端で。
おおなみ(三重県・志摩市)
夏は海女が採ってきたアワビを、冬は延縄(はえなわ)漁で釣られた、とらふぐ「安乗ふぐ」のフルコースを浅井さんの料理の腕で。
弥仙館(奈良県・天川村)
世界遺産・大峯山の玄関口。その昔、修験者も通ったといわれる名水の地に立つ。イノシシやアマゴ等の山の料理を味わえる。
ファームイン・RAUM古久里来(愛媛県・内子町)
「木の中で眠る」をコンセプトにした円筒型の客室棟。少しオシャレな里山料理と森長さんご夫妻との語らいが楽しみ。
松葉川屋(高知県・四万十町)
夏にはアユの火振り漁が残る四万十川も近く、アユ料理はぜひおすすめ。ペットも一緒に泊まれる一日2組の宿。
四季の宿尾之間(鹿児島県・屋久島)
新鮮なトビウオや首折れ鯖など屋久島のサカナや自家製野菜、こだわりの玄米を、勇壮なモッチョム岳を望みながら堪能できる。
赤瓦のふくぎ屋(沖縄県・渡名喜島)
沖縄で一番小さな村の島宿。といっても赤瓦の民家を再生して客室に。食事は母屋で島人と一緒に食べる。

 

日本の観光発展のために観光客数を維持しようとするなら「宿を減らさないこと」だ。そのため、宿の大多数を占める民宿を地域としてどう守り育てていくかが、今後、全国各地の観光政策の課題になってくるだろう。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT