隠岐「島宿」が"大入り民宿"に大化けした理由

後継者を育てなければ宿は消え地域衰退へ…

筆者なりに解釈すれば、一番の違いは「料理」だ。「民宿」は(たとえ旅館を名乗っていても)経営者自らが包丁を握る。一方、「旅館」は民宿と同じ家族経営主体だが、従業員を雇って専門の調理師が料理を担当する。これにより、料理の内容やコスト構造、料金も変わってくる。

さらに、経営者が包丁を握り、自ら料理を作る宿が個室客室で営業した場合、民宿でありながら旅館の形態を持つことになる。この転換ケースが徐々に増えてきているので、名称を含め区分がややこしくなってきているのが現状だ。

だが、考えてみてほしい。民宿の料理といえば地域の家庭の味を伝承する郷土料理。それも経営者が自ら包丁を握るので人件費が余計にかからず、コストパフォーマンスもよい。さらに、ハード面でプライバシーが守られて安心だとすれば、そんな宿が日本人にも、訪日外国人にも、今一番求められているのではないだろうか。

「民宿」が脚光を浴びることが少ないとすれば、その定義の曖昧さのためだろう。一方、若い人たちが経営し、外国人の利用も多いゲストハウスは「簡易宿所」に属するが、イメージはよい。

あと20年で「旅館」業は消える!?

厚生労働省の調査から、旅館業法上の「ホテル」(洋室主体)、「簡易宿所」(相部屋形態)、「旅館」(和室主体・個室形態)の種別ごとの軒数を見てみると、都市部中心の「ホテル」業や、ゲストハウスが含まれる「簡易宿所」業は増加している。

 

その一方で、多くの民宿を含む「旅館」業は減少の一途をたどっている。平成14(2002)年度に6万軒あった「旅館」業は、平成24(2012)年度には4万軒と、10年間で3分の1(約2万軒)が消えた。10年で2万軒が消滅するとなると、計算上、あと20年で「旅館」業はこの世から消えることになる。せっかく相部屋から個室主体に改装した「民宿」もなくなってしまうのだろうか。 

次ページなぜ旅館業は減少しているのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT