シャープ、“病み上がり"の黒字転換

肝心の液晶は赤字拡大の余地も

本業はまだ“病み上がり”

今13年3月期の通期については、会社側は売上高2兆4600億円(前期比0.2%増)、営業赤字1550億円(前期は375億円の赤字)、最終赤字4500億円(前期は3760億円の赤字)を見込んでいる。

これに対して東洋経済では、売上高は2兆4000億円、営業赤字1800億円、最終赤字4750億円と、会社計画を若干下回る可能性があると見込んでいる。

直近の12年10~12月期での黒字転換は多少のサプライズがあったものの、本業をとりまく状況が好転したとは言いがたい。液晶、太陽電池をはじめ、主要事業で競争が激化しており、採算は悪化傾向にある。13年1~3月期(第4四半期)は年末商戦の直後でもあり、液晶テレビの販売も減少するだろう。足元の動向次第によっては、東洋経済では独自予想をさらに見直す可能性もある。

なお、シャープはこれまでコマーシャル・ペーパー(CP)を中心とした直接金融で資金を調達してきた。しかし、急激な業績悪化でCPの新規発行が困難になり、主力行であるみずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行の支援に頼らざるをえなくなっている。主力2行は昨年9月末、シャープ本社や工場などの固定資産を担保にとると同時に3600億円の追加融資(融資枠を含む)に踏み切った。

この結果、12年12月末時点でのシャープの短期借入金は6725億円と、12年3月末時点の2123億円から3倍以上に膨らんでいる。一方のCPは80億円であり、12年3月末時点の3510億円から激減している。有利子負債の総額は1兆1827億円と依然、高い水準にあり、改善は急務といえる。

(撮影:ヒラオカスタジオ)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。