リオ五輪組織委員会、1.5億ドルもの資金不足

ペトロブラスの支援額が予想より少なかった

 7月11日、8月に開幕を控えたリオデジャネイロ五輪の組織委員会が、4億─5億レアル(1億2100万─1億5100万ドル)の赤字を抱えていることがわかった。リオ・オリンピック・パーク内のテニスコート(2016年 ロイター/Bruno Kelly)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - 8月に開幕を控えたリオデジャネイロ五輪の組織委員会が、4億─5億レアル(1億2100万─1億5100万ドル)の赤字を抱えていることがわかった。同委員会の財務状況を知る関係者が11日、ロイターに明らかにした。

組織委員会の予算は大会の運営に使われるもので、民間資金で賄われる。これに対し、公的資金はインフラや会場建設などに使われる。

赤字額は組織委員会予算(75億レアル)の約6%に相当し、予想される五輪開催費用(400億レアル)の1%を若干上回る。

契約によると、大会閉幕後に赤字が残った場合、市当局や州政府、連邦政府が穴埋めすることになっている。

組織委員会の広報官は、赤字に関するコメントを拒否し、「われわれは大会に関して予算を均衡させるよう取り組んでいる」と述べた。

関係筋によると、赤字の大きな要因は、数千人の選手が滞在する五輪選手村の賃貸料や、大規模な汚職に揺れるブラジル国営石油会社ペトロブラスからの資金支援が予想より少なかったことなどだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT