陸前高田の復興を後押しするパソナ

地元出身の若者呼び込む就労支援事業

パソナの派遣社員として「きのこのSATO販売」で働く安倍直之さん。陸前高田市の就労創出支援事業は地元出身の若者を呼び込む

「生まれ育った被災地の復興を担う人材になりたい」

地元を離れて仕事に就いていた若者が、東日本大震災を機に生まれ故郷に戻って再就職をめざす動きが巻き起こり始めている。

東京・新宿の髙島屋の食品売り場では現在、岩手県陸前高田市に本社を置く「きのこのSATO販売」(佐藤博文社長)が販売会を開催している。買い物客でにぎわう売り場で、笑顔を振りまきながら、しいたけの試食を勧めているのが安倍直之さん(26)だ。

陸前高田出身の安倍さんは、大手人材派遣会社パソナが同市から受託した「就労創出支援事業」の派遣社員として、きのこのSATO販売で働いている。現在は研修中の身分だが、本人が希望したうえで会社のニーズとマッチした場合には、4月以降、正社員としての雇用の道が開けてくる。

震災で一念発起、故郷の復興に尽力

震災前、大手タイヤメーカーの営業マンとして山形県内で働いていた安倍さんは、祖母を見舞うために地元に帰る途中の国道45号線のトンネル内で大地震に遭遇。命に別状はなかったものの、津波が押し寄せる光景を目撃したうえ、実家も津波で失った。

震災が起きた直後はアクションを起こす機会はなかったが、1年半近くが過ぎた昨年8月、たまたま見た新聞で見つけたパソナの広告に引かれて、就労創出支援事業に応募。今では地元企業の貴重な戦力として活躍している。もともと震災前から、「いつかは故郷の役に立ちたい」という思いを抱いていたが、震災から立ち直ろうとする故郷の姿が、安倍さんの思いを後押しすることになった。

次ページ新たな地域再生の動きとなるか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。