陸前高田市で復興に向けた街づくりイベント開催へ 渡邉美樹氏が実行委員長に

陸前高田市で復興に向けた街づくりイベント開催へ 渡邉美樹氏が実行委員長に

死者・行方不明者数は岩手県最多の2142人、総世帯数約8000のうち半数が損壊(ともに6月時点)するなど、東日本大震災による被害を最も大きく受けた岩手県の陸前高田市。震災の日から半年後にこの町で、復興に向けたのろしが上がる。地元住民が中心となって1万人の集客を見込む大規模なイベントが開かれるのだ。

イベントの名称は「陸前高田市復興街づくりイベント~陸前高田の『元気』のきっかけと『夢』を集める日~」。 8月27日(土)、28日(日)の2日間に渡り、地元企業や商店、飲食店などがテナントを出店するほか、ステージで地元の伝統芸能などを披露することなどを予定している。

考案者は、6月1日付けで陸前高田市の参与に就任した、ワタミ非常勤取締役会長の渡邉美樹氏だ。

「参与に就任後すぐ、地元の飲食店の店主と会って店を流されたことを知り、今回のイベントを開催することを思い立った。もう一度、店を営業する場を提供することで、少しでも住民を元気付けたい」。7月1日、渡邉氏は陸前高田市役所前で記者団に対し、イベントの意義を語った。

実行委員長も渡邉氏が務め、陸前高田市長の戸羽太氏は大会名誉委員長として運営に携わる。そのほか、陸前高田市支援連絡協議会 Aid TAKATA代表の村上清氏、東証アカデミーフェローの藤野英人氏、三重県松阪市長の山中光茂氏、NPO法人スクール・エイド・ジャパンの中川直洋氏が副委員長を務める。藤野英人氏は複数の投資ファンドを経て、現在独立系投資ファンドのレオス・キャピタルワークスで取締役を務めており、資金調達の面で支える方針だ。

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。