日本オラクル、提案力武器に連続最高益

遠藤隆雄社長に聞く

だから、ITの世界も実は融合することが、これからの差別化につながる。いい例がエンジニアド・システムで、あれはソフトウェアとハードウェアを融合した結果、とんでもない製品に生まれ変わった。エクサデータをはじめとするエンジニアド・システムでは引き続きシェアを取っていく。

非効率がまだ多い公共部門は“宝の山"

――今後、中長期で狙いたい分野はどこか。

ITは社会を便利にするツールだと遠藤社長

新しい国づくりに貢献できる会社になりたい。それができる会社だと思っている。国そのもののイノベーションの役にも立てるし、ナショナルID(国民総背番号制)が自民党政権で具体化していけば、それを中心とした医療の改革、教育の改革、住民サービスの改革。すでにグローバルでやっているので、それを取り入れてご提案したいと思う。

公共部門には非効率が多く、宝の山といえる。医療なんかは最たる例だ。たとえば旅行先で現地の病院に心臓病などでかつぎこまれた場合、一から診断というのはありえないだろう。でも、カルテは病院ごとにしかなく、共有化されていない。

引越しもそう。銀行の口座を変えたり、子供の転校手続きをしたりとか面倒くさい。それが一発でできる。住民票だけ変えれば、あとはずらずらと変わる。年金もそうだし、警察への届出もそうだ。

ITを活用すれば、犯罪も減る。健康で安全で文化的な生活が実現できる。地域間格差も是正できると思う。それが公共部門に注目している理由だ。
   

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。