日本オラクル、提案力武器に連続最高益

遠藤隆雄社長に聞く

競争に勝つということは、顧客の支持があって、初めてできることだ。市場にいい噂が流れることが重要。口コミも含めて、市場に伝えてもらう。それをライトナウが果たすわけだ。

IT予算握る事業部門に直接提案も

――日本オラクルはユーザー企業に営業を行う際、IT部門だけではなく、事業部門にも直接提案するというが、その意味は。

企業の中でIT費用を誰が払っているかというと、それは事業部門だ。たとえばライトナウであれば3カ月で効果が出せる。ウェブでの解決率が2割上がった。コールセンターへの電話量が2割減ったなど、さまざまな成果が出る。それが従来のサービスだと、3カ月では開発にすら入っていない。

ある企業の製品やサービスの内容を調べようとウェブを見に行っても、探せずに退出してしまうことは多い。FAQにも自分の質問したい内容がない。それがライトナウを使うと、質問が多く、ウェブを見に来たユーザーの困っている問題がいちばん上の欄に来る。

また、サイトの中で迷っている場合、どこをクリックしているかで、何に悩んでいるかがわかる。そこで「こういうことでお困りじゃないですか?」とチャットが入る。そして、ぽんとURLが出て、クリックすれば解決。電話をかけることもなくそれで終わってしまう。会社サイドの手間が省けるだけでなく、ユーザーのストレスも減らせる。

そういう話を事業部門に直接提案すると、それはすごい、提案してくれというお客様が結構いる。顧客企業のIT部門じゃなく、直接のユーザーになってくれる事業部門に話をすると、実はそれが一番困っていた、すぐに提案に来てくれということになる。

ニーズのあるところに直接提案する。IT部門を無視しているわけでなく、両方どちらにも提案できるのが日本オラクルのいいところだ。IT部門を無視すれば、それで後からトラブルにもなる。長くお付き合いするには、IT部門も事業部門も両方担当できる力が必要だ。

次ページセールスフォースもSAPも凌駕せよ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT