アップルの“成長神話"は崩壊したのか

日本では絶好調も、伸び鈍化で株価さらに急落

サムスンへの対抗はバリエーションの拡大か

昨年11月に日本で発売となったタブレット端末「アイパッド・ミニ」

昨年秋にアイパッド・ミニを発売したことから、アイパッド・セグメントの販売単価下落にも弾みが付いている。公表データから販売単価を試算すると、2011年4~6月の単価654ドルから下落を続け、昨年7~9月には508ドルに。ミニ発売後の10~12月には467ドルへと落ち込んでいる。

9.7インチサイズの従来サイズのアイパッドとのカニバリゼーションもあった。とはいえ、カニバリを恐れていれば、「7インチタブレット」という市場をみすみすアンドロイド勢に明け渡していたことになる。その意味から、これは正しい戦略だったといえるだろう。

成熟市場になってしまった音楽プレーヤー「アイポッド(iPod)」では、かなり多くの製品ファミリーを展開している。同様に、アイフォーンでもファミリー展開していくことでのみ、サムスンに対抗できる。低価格方向へのラインナップはもちろんのこと、ギャラクシーノートに相当する大型・高付加価値分野への展開も必要だ。

さんざん噂されているスマートテレビなど新分野への期待も大きい、しかし、主柱のスマートフォンにおけるシェア挽回のロードマップを示せない限り、アップルの株価は戻らないだろう。

(撮影:尾形 文繁、今井 康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。