素人のワイン選びは9割のウンチクを捨てよ

「8人の美女」から好みの子を探すだけでいい

左から「シラー」「メルロー」「テンプラニーリョ」Ⓒえすとえむ

■メルロー:派手さはないが育ちのよい芦屋の奥様

平日のお昼におしゃれなカフェにいる、育ちのよさが滲み出る上品な奥様です。全体的にバランスのとれた品のいい味がメルローの魅力ですが、あえて否定的な言い方をすれば「こぢんまり」。そっと陰で支えてくれるような、守ってあげたくなるような。そんな淑女なブドウがメルローです。

■テンプラニーリョ:解放感あふれる 陽気なスペイン美女

テンプラニーリョのイメージには、無邪気で陽気、気取らないラテンの女性がぴったりです。エグみが少なくジューシーな、手頃でおいしい庶民派のワイン。 落ち込んだときは、スペインバルでテンプラニーリョ!

続いて、白ワイン3品種

左から「シャルドネ」「リースリング」「ソーヴィニヨン・ブラン」Ⓒえすとえむ

■シャルドネ:何にでもすぐ染まってしまう無個性女子

特徴がないのが、特徴。付き合った人の好きな音楽を好きになるタイプ──つまり、とっても染まりやすい女の子です。そのため、つくり方によってまったく違う味になります。まず樽熟成の有無で2種類。 そして、ヨーグルトみたいな「まろやかな酸」か、青味がかったリンゴみたいな「シャープな酸」かで2種類。計4種類のシャルドネのうちどれが好みか、店員さんと会話しながら探ってみてください。

■リースリング:甘かったり辛かったり会うたび違う顔のツンデレ女子

ツンデレの美人です。外ではキリッとしているのに家では甘えてきます。超甘口〜辛口まで幅が広いので、その幅の広さに振り回されないように! メニューにリースリングがあったらまず「辛口ですか?甘口ですか?」と確認してみてください。

書影をクリックするとアマゾン販売ページにジャンプします

■ソーヴィニヨン・ブラン:色も味もとにかく 「草っぽい」野原を駆ける少女

草原のなか、羊を追いかけながらショートパンツで走り回っている、少年のような女の子。舞台はそう、ニュージーランドですね。 ソーヴィニヨン・ブランは、「若々しくて青っぽい味」。あまり熟成していないものだと色もどこか緑がかっています。いちいち草っぽい! スッキリ飲みやすいので、 夏の暑い日にもぴったりです。

……お気に入りの女の子、見つかりましたか? この8品種さえおさえれば、ワイン選びは攻略したも同然です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT