素人のワイン選びは9割のウンチクを捨てよ

「8人の美女」から好みの子を探すだけでいい

まず、ヴィンテージ。最近は年によってバラつきのない、安定したクオリティのワインをつくる技術が発達してきました。「この年はマズい」「この年はサイコー!」というワインが減ってきたのです。

さらに、産地(ここでの産地とは国ではなく、「ボルドー」など国内における特定の「地方」を指します)。ちまたでは「産地で話せたほうが玄人っぽい」と思われがちですが、 それは「○○地方の○○川沿いの○○さんの畑のブドウを使ったワイン、ある?」などピンポイントで話せるほど詳しい人の場合のみ。そうでなければ、一口に「ボルドー」と言っても広大ですから、味に幅がありすぎて、参考になりません。

というわけで、自分の好みのワインを知るには、「品種」さえ理解できていれば「ほかは一切ムシ」でOKなのです。

まず覚えるべき品種は「赤5白3」だけ!

だいぶ絞られたかと思いきや、ワインに使われるブドウの品種だけでも、世界には200も300もあります。でも、心配ご無用。おいしいワインを選ぶために覚えるべき品種は、赤ワイン5種類、白ワイン3種類のみです。

なじみのないカタカナの品種と特徴を覚えるのは、数種類といえど簡単なことではありません。そこで僕がアタマをひねって、恥をしのんで、それぞれの品種をかわいい(?)女の子のキャラクターにたとえてみました。

きっと皆さんの「好みの子」が見つかるはずです!

左「ピノ・ノワール」右「カベルネ・ソーヴィニヨン」Ⓒえすとえむ

■ピノ・ノワール:あまりに華やかな 赤ワイン界の女王様

まごうことなき赤ワイン界の「女王様」、ピノ・ノワール。王室の頂点に君臨しています。まず何より、その唯一無二の華やかさが女王たるゆえんです。

■カベルネ・ソーヴィニヨン:すべての要素を兼ね備えた絶対王者

とにかく圧倒的な存在感を誇る宝塚の男役のようなスーパースター、カベルネ様。「渋味」「酸味」「甘味」「香り」などすべての要素が全力で主張してくる、骨太のブドウです。ただし、 ときどきスーパースターになり損ねた没個性のボンクラが紛れ込むのが難点。

■シラー:やんちゃ感あふれる南国のスパイシー娘

南国のピチピチした「元気娘!」。イメージは、ミニスカートの色黒南国少女(昔の安室奈美恵のよう……と言って伝わるでしょうか)。シラーはジューシーさとスパイシーさが特徴。コショウのような香りが特徴的な、やんちゃなやつです。

次ページ上品な奥様、ラテン美女、ツンデレ女子…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT