素人のワイン選びは9割のウンチクを捨てよ

「8人の美女」から好みの子を探すだけでいい

まず、ヴィンテージ。最近は年によってバラつきのない、安定したクオリティのワインをつくる技術が発達してきました。「この年はマズい」「この年はサイコー!」というワインが減ってきたのです。

さらに、産地(ここでの産地とは国ではなく、「ボルドー」など国内における特定の「地方」を指します)。ちまたでは「産地で話せたほうが玄人っぽい」と思われがちですが、 それは「○○地方の○○川沿いの○○さんの畑のブドウを使ったワイン、ある?」などピンポイントで話せるほど詳しい人の場合のみ。そうでなければ、一口に「ボルドー」と言っても広大ですから、味に幅がありすぎて、参考になりません。

というわけで、自分の好みのワインを知るには、「品種」さえ理解できていれば「ほかは一切ムシ」でOKなのです。

まず覚えるべき品種は「赤5白3」だけ!

だいぶ絞られたかと思いきや、ワインに使われるブドウの品種だけでも、世界には200も300もあります。でも、心配ご無用。おいしいワインを選ぶために覚えるべき品種は、赤ワイン5種類、白ワイン3種類のみです。

なじみのないカタカナの品種と特徴を覚えるのは、数種類といえど簡単なことではありません。そこで僕がアタマをひねって、恥をしのんで、それぞれの品種をかわいい(?)女の子のキャラクターにたとえてみました。

きっと皆さんの「好みの子」が見つかるはずです!

左「ピノ・ノワール」右「カベルネ・ソーヴィニヨン」Ⓒえすとえむ

■ピノ・ノワール:あまりに華やかな 赤ワイン界の女王様

まごうことなき赤ワイン界の「女王様」、ピノ・ノワール。王室の頂点に君臨しています。まず何より、その唯一無二の華やかさが女王たるゆえんです。

■カベルネ・ソーヴィニヨン:すべての要素を兼ね備えた絶対王者

とにかく圧倒的な存在感を誇る宝塚の男役のようなスーパースター、カベルネ様。「渋味」「酸味」「甘味」「香り」などすべての要素が全力で主張してくる、骨太のブドウです。ただし、 ときどきスーパースターになり損ねた没個性のボンクラが紛れ込むのが難点。

■シラー:やんちゃ感あふれる南国のスパイシー娘

南国のピチピチした「元気娘!」。イメージは、ミニスカートの色黒南国少女(昔の安室奈美恵のよう……と言って伝わるでしょうか)。シラーはジューシーさとスパイシーさが特徴。コショウのような香りが特徴的な、やんちゃなやつです。

次ページ上品な奥様、ラテン美女、ツンデレ女子…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT