日本では「サンダース旋風」が絶望的な理由

若者は不満の種に事欠かないはずだが…

 7月1日、参院選を前に選挙権年齢が引き下げられたにもかかわらず、米大統領選で民主党候補指名獲得を目指したバーニー・サンダース上院議員が巻き起こしたような若者主導のムーブメントが起きるとみる人はほとんどいない。写真は、投票を呼びかける学生団体のメンバー。渋谷で6月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 人口減少や大量の定年退職者できしむ社会保障制度から、生まれてからずっと停滞している経済まで、日本の若者は不満の種に事欠かない。

しかし7月10日の参院選を前に選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられたにもかかわらず、米大統領選で民主党候補指名獲得を目指したバーニー・サンダース上院議員が巻き起こしたような若者主導のムーブメントが起きるとみる人はほとんどいない。

「無力感がすごくある」

「無力感がすごくある」と、若者と政治に新しい出会いを届けるため活動するNPO法人「僕らの一歩が日本を変える」でチーフディレクターを務める大学生、古井康介さん(21)は話す。

「今の政治家は、高齢者に支えられて政治家になった。それこそサンダースさんが出てきたように、若い人を対象にした、別の(タイプの)政治家が生まれて、若い人の支持を受けるのであれば、今まで選挙に行かなかった人が選挙に行くことになるかもしれない」

20─34歳の有権者は、2015年の有権者数全体のわずか19%にとどまり、急速に高齢化が進む日本において少数派であることを反映している。一方、50歳以上の有権者は55%を占めている。

国際的レベルまで選挙権年齢を引き下げたことで、有権者数が約240万人増えることになるが、若者は数だけでなく、投票率でも年長者に遠く及ばない。

次ページ高くない若者の投票率
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT