MBA官僚がつかんだ、日本変革のヒント

シカゴ大の名物授業で、真のベンチャー魂を見た!

難関を突破してシカゴ・ブースに合格したとはいえ、留学中の自分が今、日本のために何ができるのか、悶々とする日々だったという。

「最初の3カ月は、もがき続けていた感じです。『ただ、ここで授業を受けているだけでは努力が足りない』『何か挑戦しなくては』『一刻も早く日本のために貢献できることを吸収しなくては』と、ものすごく焦っていました」

「考えるよりも行動しよう」と森田さんが挑戦したのは、シカゴ市内で頻繁に開催されているビジネスコンペティションだ。

シカゴ・ブースにはベンチャービジネスについて学ぶ授業が数多くある(写真は、New Venture Strategyの授業風景)

日本発のベンチャービジネスが生まれ育つ環境を作り、支援していくには、どうしたらいいか。それを学ぶことが、今、自分にできることだと思ったからだ。

森田さんは、早速、シカゴ・ブースが共催するSeedConというビジネスコンペに参加。専門の宇宙事業で勝負することにした。宇宙産業の本場アメリカで、宇宙ビジネスはニーズがあるに違いないと思ったのだ。

ところが、投資家の反応はいま一つだった。

次に、挑戦したのは、シカゴインタラクティブマーケティング協会が主催する「Chicago Digital Startup Initiative」というコンペ。シカゴの同級生に協力を仰ぎ、さまざまな宇宙事業をプレゼンテーションしてみたが、やはり、投資家の理解は得られなかった。

「今から思えば、僕のプレゼンテーションの仕方も、至らなかったのかもしれません。自分の未熟さばかりが目について、本当にマイナスからのスタートという実感がありました」

そんな試行錯誤の毎日から脱出するきっかけとなったのが、シカゴ・ブースの名物授業、スティーブン・カプラン教授の「New Venture Challenge」(新しいベンチャービジネスへの挑戦)だった。

2011年12月、1年先輩の日本人学生から、同じチームで挑戦してみないかと誘われたのがきっかけだった。チームには、ほかにブラジル人とアメリカ人の学生が加わった。

次ページ勝つために、何を捨てるべき?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。