ハンガリー中央銀行の教訓に学べ

政権と中銀の緊張関係は日本と類似

ハンガリーでも約3年の政権との対立を経て、中銀総裁は任期を全うしようとしている。セルビアでは、昨年の夏に政権交代後の中銀法改正の動きに抗議して中銀総裁が辞任している。我が国でも総裁には毅然として対応して欲しい。

そのうえで今後の総裁には選出の経緯を超えて、中銀の目的との調整は要するものの復興や中長期の成長力にも目配りをして欲しい。日本の将来を決して諦めない強い意志を示し、発信する意欲のある人物であることが総裁としての要件となろう。

 ハンガリーへは体制転換後の1990年代以降に日本企業が進出し、特にスズキは同国にとり大きな存在であり、オルバン首相も信頼を寄せる。ハンガリーに中東欧3か国(ポーランド、チェコ、スロバキア)を加えたヴィシェグラード4か国(V4)と日本は「V4+日本」という対話の枠組みを持つというつながりもある。

そのような両国だが、世界の眼がほぼ同時期の両国の中銀総裁の任期切れに伴う後任選びに注がれており、ここへ来て思わぬ類似性から注目されそうだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT