ハンガリー中央銀行の教訓に学べ

政権と中銀の緊張関係は日本と類似

ハンガリーでも約3年の政権との対立を経て、中銀総裁は任期を全うしようとしている。セルビアでは、昨年の夏に政権交代後の中銀法改正の動きに抗議して中銀総裁が辞任している。我が国でも総裁には毅然として対応して欲しい。

そのうえで今後の総裁には選出の経緯を超えて、中銀の目的との調整は要するものの復興や中長期の成長力にも目配りをして欲しい。日本の将来を決して諦めない強い意志を示し、発信する意欲のある人物であることが総裁としての要件となろう。

 ハンガリーへは体制転換後の1990年代以降に日本企業が進出し、特にスズキは同国にとり大きな存在であり、オルバン首相も信頼を寄せる。ハンガリーに中東欧3か国(ポーランド、チェコ、スロバキア)を加えたヴィシェグラード4か国(V4)と日本は「V4+日本」という対話の枠組みを持つというつながりもある。

そのような両国だが、世界の眼がほぼ同時期の両国の中銀総裁の任期切れに伴う後任選びに注がれており、ここへ来て思わぬ類似性から注目されそうだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT