為替は1ドル100円くらいがちょうどいい 安倍首相のブレーン・浜田教授が講演

拡大
縮小

自民党政権の経済政策とは完全には一致せず

現在の安倍政権の経済政策は、必ずしも浜田氏の持論とは一致していないということも指摘した。「自民党の政策を見て一つ不安があるのは、財政出動がないと政策が効かないと考えている人が党内や閣僚の中にいること。私の考えでは、金融を緩めて何も効かなくなったとき、初めて財政出動が必要になる。どちらかというと、財政政策は副次的な役割だと思っている」。公共事業を中心とした13.1兆円の今年度補正予算が15日に閣議決定されたが、浜田氏は暗に否定的な姿勢を見せた格好だ。

「私の考えは少し極端で、クルーグマンやウッドフォードなどの優秀な経済学者はゼロ金利になれば財政出動が必要と言っている。ただ、日本は現在のような財政危機の中、大盤振る舞いの補正予算などを組んで、将来の大増税につながらないかを心配している」。

またスピーチでは構造改革を重視している点を強調。「日本経済を強くするためには政府の介入より、竹中教授が言うように構造改革でやったほうがいい」「産業政策では、竹中教授の唱えるアイデアを導入すべき」「ゼロ金利以外のときは、財政支出は経済を刺激しない。本当に必要な公共事業はやるべきだが、財政政策には否定的だ。私は竹中教授の考えに近すぎるかもしれない」などと、経済学者としての考え方としては、安倍政権下で産業競争力会議のメンバーに登用された竹中平蔵・慶應義塾大学教授に近い点を、再三強調した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT