遠藤功「Made in Japanにこだわる日本電子」

ニッポン中堅企業の秘めたる爆発力

2008年に就任した栗原権右衛門社長は退路を断ち、思い切った構造改革を断行した。500人規模の人員削減により約40億円固定費を圧縮。また、関係会社5社を本社に統合し、組織の一体化を目指した。

その一方で、大括りだった事業単位を意思決定・実行の迅速化、責任の明確化を狙って、8つの事業ユニットに再編。その長には執行役員クラスを抜擢した。

オープンで風通しの良い組織に

一方、栗原社長は社内の風土改革にも着手。真面目で、コツコツ頑張る社員は多いが、逆に内向き、引きこもりのようになってしまっていた。オープンで風通しのよい組織に変わらなければ、自社の強みも活きないと考えたのだ。

まず、着手したのが経営会議。肩肘張っていた役員たちに、「もう強がりはやめよう。たまには、泣き言を言ったら」と本音で話すことの大切さを伝えた。

社内でも色々な変化が生まれ始めた。社員たちが部門横断的な取り組みで「社内新聞」の発行を始めた。その内容は社員が社員にインタビューしたり、漫画好きな社員が4コマ漫画を描いたり、手作り感満載である。会社のことが「分かる」だけでなく、「好きになる」ことを狙ったこの「JEOL TIMES」は社員たちに大好評だ。

こうした様々な施策による改革が身を結び、今期は業績面でも目に見える成果が表れ始めている。12年度の決算予想は、売上高805億円、営業利益30億円を計画。ここ数年、負の遺産の処理として特別損失を計上せざるをえなかったが、今期は当期利益でも20億円を見込んでいる。

これだけの超円高環境でも、日本でのものづくりにこだわり、これだけの利益を上げることができるというのは、地力の証明以外の何物でもない。超円高傾向が少し緩み、さらには政権交代によって科学振興のための補正予算も見込まれ、日本電子にとっては追い風が吹きつつある。V字回復はけっして夢物語ではない。

次ページ弱みを克服し、強みをダントツに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT