遠藤功「Made in Japanにこだわる日本電子」

ニッポン中堅企業の秘めたる爆発力

日本電子にはこの「ダントツの強み」がある。「世界一」にこだわり、「日の丸技術」にこだわり続けている。

その研究開発力の高さは、世界的な科学誌への論文掲載の実績を見ても分かる。2012年度上期だけでも、日本電子の技術者が書いた論文が計4本も『Science』と『Nature Photonics』に掲載されている。(いずれも共同論文)1本でも快挙だと言われる中で、4本というのは日本電子の技術水準の高さを象徴している。

栗原社長が目指すのは、「どこにもない会社」「オンリーワンカンパニー」だ。規模こそ売上高800億円、グループ従業員数2800名の中堅企業だが、そこには独自の「尖り」「際立ち」がある。

日本にこだわるからこそ、世界で戦える

そして、中堅規模だからこそ、社長の適切な舵取りによって会社がひとつにまとまり、方向性が社内で徹底され、競争力に磨きがかかる。「世界一」にこだわり、「日の丸」にこだわっている会社が、ひとたび収益意識を持てば強い。

栗原社長は、創業者の「科学技術で戦後復興に貢献したい」という思いを、東日本大震災からの復興とダブらせる。大震災から立ち直り、日本という国が再生を果たすために、日本電子に何ができるのかを自問自答している。

そして、彼はこう付け加える。「日本にこだわるからこそ、世界で戦える」。

思いを受け継ぎ、世界で戦う。日本電子は日本のものづくり企業のひとつの生き方を示してくれている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT