アローラ退任、孫社長「変心」までの22カ月

「欲が出てきてわがままで続投」は本当か?

そもそも「後継者候補」という孫社長の言葉を、額面どおりに受け取ってもよかったのだろうか。

ソフトバンク総会でも存在感を示した社外取締役の永守氏。発言で会場は大爆笑となった(撮影:風間仁一郎)

アローラ氏がグループ入りした14年当時、孫社長は米携帯大手TモバイルUSの買収を米政府当局に阻まれようとしていた時期だ。「自信をなくし間違った手を打ってしまったとずいぶん後悔した。寝られない夜を過ごした」。意気消沈していた孫社長の言葉である以上、割り引いて聞くべきだったのかもしれない。

社外取締役の永守氏は「孫社長の言うことは、ホラとウソの混ざったようなものだから、あまり信用しないほうがいい」と語る。これはソフトバンクの株主に向けた発言だったが、アローラ氏に忠告しているようにも聞こえた。

「わがまま」が本当なら、今後の人材獲得は困難

アローラ氏は総会に取締役として列席しなかったが、冒頭、孫社長に促され、演壇の袖であいさつ。「孫社長はどんどん若返り、今後5年、10年とソフトバンクを牽引する情熱とエネルギーを取り戻した」と苦笑いを浮かべた。

10分足らずの発言を終えたアローラ氏だが、孫社長への会釈もなく、舞台を去った。孫社長はその消えゆく背中に「サンキュー、ニケシュ」と小さな声で語りかけた。

当記事は「週刊東洋経済」7月2日号 <27日発売>からの転載記事です

19歳のとき「60代で社長をバトンタッチする」と決めた孫社長。今回、60歳で潔く禅譲する考えを改め、69歳まで延長する。これによって後継者問題は当面先送りされた。

しかし、今後アローラ氏のような超トップ級の人材を、再び招聘することはできるのか。「自分のわがまま」(孫社長)で後継候補を失った結果、人材獲得の道を自ら狭めてしまった感が否めない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT