ドル円が一時99円、日経平均1300円安

先物はサーキットブレーカー発動

 6月24日、欧州連合(EU)からの離脱・残留を問う英国民投票で、離脱派の優勢が伝えられ、24日の東京市場では円高・株安が加速。写真は都内で昨年1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)からの離脱・残留を問う英国民投票で、離脱派の優勢が伝えられ、24日の東京市場では円高・株安が加速。ドル/円<JPY=EBS>は一時99.00円と100円を割り込み、2年7か月ぶりのドル安/円高水準を記録した。日経平均株価<.N225>も前日比1300円を超す急落となった。

この日の東京市場は、23日に行われた英国民投票の開票結果を見ながら、上下に大きく振れる展開となった。

開票途中の英国民投票で離脱派のリードが伝えられ、複数のメディアが離脱の可能性を次々と報じると、リスク回避の動きが加速した。

外為市場では正午前にドルが99.00円まで急落。財務省の浅川雅嗣財務官は、為替の動きは非常に荒く、「財務相と相談して対応する」と記者団に語った。

その後、ドルはいったん102円付近まで値を戻した。

日経平均は前場引け後に先物市場が急落、1万5000円割れとなった。後場の現物市場でも下げ幅は1300円を超え、2月12日以来の1万5000円割れとなった。大阪取引所は午後0時48分、サーキットブレーカーを発動し、先物取引を一時停止した。

*ヘッドラインを手直ししました。

 

 

(田巻一彦 石田仁志)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。