海外ビジネスエリートはなぜ演劇を学ぶのか

「アクティブラーニング」の本質がそこにある

では、実際にはどのような授業が行われているのだろうか? あくまで一例だが、過去にMITで実施された内容をいくつか見てみよう。

ヒップホップ、アフリカンドラム、パリのクラブ音楽など、次々と変わるBGMに合わせてダンスする
唐突に流れる音楽に合わせて踊ることで、臨機応変に対応するメンタリティを整え、より高度なインプロを行う下地を整える

 

シェイクスピアの『ヘンリー五世』のセリフをおぼえて演じる
力強く、明朗快活なリーダーを演じ、なりきる。演じる人が瞬間的にどう表現するかによって、各人各様のリーダーシップが浮き彫りになるインプロだ

 

3日間にわたって、ボスニアの平和維持を想定したシミュレーションを行う
たとえば、NATOの立場で交渉を進めるケースの場合は、一歩間違えれば、人的被害を引き起こすなど、リアリティを追求したインプロとなる

 

同大学の研究によると、このような演劇教育、インプロ教育の効果として、次のようなことがわかっている。

1) 急な変更や変化に対して、ポジティブにとらえるようになる
2) プロジェクト進行の際、頻繁にミーティングを行うようになるなど、チームワークが向上する
3) すばやい判断、決断を行われるようになり、プロジェクトマネジメントがより円滑になる

 

インプロのスキルは、その人が持って生まれた能力だと思われがちだが、訓練によって習得することができるため、「未知」の事柄に取り組むための学問だとも言われている。

地図よりもコンパスを持て

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

Compasses over Maps(地図よりもコンパスを持て)。AI(After Internet)時代に求められる基本原則として、MITメディアラボが発信した9つのフレーズのうちのひとつだ。

急速に変化する世界の地図はすぐに書き変わってしまう。先を見通すことができない時代だからこそ、地図を作るのに時間とコストをかけるのではなく、自分の中にコンパス(羅針盤)を持つべきという考えだ。

アクティブラーニングとは、まさにこの「コンパス」を持つための学びだと言える。だからこそ、名門大学は「演劇」という基盤の上でのインプロをカリキュラムに組み込むのだ。

日本のこれからの教育、ビジネスを考えていくにあたっても、日常生活を送るにあたっても、世界の超一流がやっている「アクティブラーニング」から学べることは多い。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。