北朝鮮が中距離弾道ミサイル発射の兆候

自衛隊は迎撃態勢を準備

 6月21日、政府は北朝鮮が新たに弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊によるミサイル迎撃を可能とする「破壊措置命令」を出したことが明らかになった。共同通信など国内メディアが報じた。写真は5月、地対空ミサイル「パトリオット3(PAC3)」。都内防衛省の敷地内で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊に対し迎撃態勢を整えるよう破壊措置命令を出した。政府関係者によると、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射する可能性があるという。

破壊措置命令を受け、自衛隊は迎撃ミサイル「SM3」を積んだイージス艦を海上に、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」を東京・市ヶ谷の防衛省などに展開する。

日本の政府関係者によると、発射の兆候があるのは中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるという。防衛省によると、ムスダンは射程距離2500キロ─4000キロ。日本全土、さらにグアムも圏内に入る。

北朝鮮はこのミサイルをこれまでに4回発射したが、いずれも失敗した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT