北朝鮮が中距離弾道ミサイル発射の兆候

自衛隊は迎撃態勢を準備

 6月21日、政府は北朝鮮が新たに弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊によるミサイル迎撃を可能とする「破壊措置命令」を出したことが明らかになった。共同通信など国内メディアが報じた。写真は5月、地対空ミサイル「パトリオット3(PAC3)」。都内防衛省の敷地内で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊に対し迎撃態勢を整えるよう破壊措置命令を出した。政府関係者によると、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射する可能性があるという。

破壊措置命令を受け、自衛隊は迎撃ミサイル「SM3」を積んだイージス艦を海上に、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」を東京・市ヶ谷の防衛省などに展開する。

日本の政府関係者によると、発射の兆候があるのは中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるという。防衛省によると、ムスダンは射程距離2500キロ─4000キロ。日本全土、さらにグアムも圏内に入る。

北朝鮮はこのミサイルをこれまでに4回発射したが、いずれも失敗した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT