ソニーが「新銀座ビル」に込めた復活への誓い

創業者のDNAは新ビル計画にも反映している

9月24日にオープンする「銀座プレイス」。4~6階にソニーショールーム/ソニーストア銀座が入居する

現在のソニーショールームおよびソニーストア銀座は、2016年8月28日にひと足早く営業を終了。約1カ月後の9月24日、銀座4丁目交差点の一角に、ソニーショールーム/ソニーストア銀座を再オープンする予定だ。

ソニービルで、現在、ショールームおよびソニーストアで使用している4階部分までの面積は約450坪。GINZA PLACEのスペースは3フロアで約390坪。面積はそれほど変わりはない。

「これまでのソニービルは、階段状の花びら構造となっていたため、コラボレーションした展示が行いにくかったり、バリアフリーにも課題があった。新たなソニーショールーム/ソニーストア銀座では、開放感を持ったスペースにし、柔らかいイメージを持たせるとともに、それによって入りやすいイメージを重視する。写真を愛する人、映像を愛する人、音楽を愛する人に、ライフスタイルを提案する場所として、この3つのカテゴリーを中心にフロア構成を行なう。ソニービルを超える拠点として、ソニーファンのためのフラッグシップ拠点を目指す」(浅山執行役員)。

ソニーショールームという名称を使っているのは銀座だけ。その名称をあえて残したのも、「ソニー=銀座=ショールーム」というイメージを維持する狙いがある。

2022秋に新ソニービル完成後はどうなる?

気になるのは、2022年秋に新たなソニービルが完成した際に、GINZA PLACEのソニーショールーム/ソニーストア銀座が閉鎖するのかという点だが、「新ソニービルは、ソニーグループが持つ様々な事業ドメインをまたいだ新しい情報発信基地になる。2022年に新ソニービルが完成したときに、ソニーの事業ドメインがどうなっているのかによる。現時点では、どうするかは決まっていない」(浅山執行役員)とする。

テナントの定地借家契約では5年が多いことを考えると、ソニーは、その時点で、GINZA PLACE契約を延長するかどうかを判断することができる。いずれにしろ、銀座の地において、ソニーの存在感を最も発揮できる判断が可能になるといってもいい。

ソニーの灯は銀座から消えないことは明らかだが、今後、銀座の地を活用しながら、ソニーの価値を再び引き上げることができるのかが注目される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT