「男性不況」の大きなインパクト

人気連載ランキング(リニューアル第1週)

11月12日より新たに生まれ変わった『東洋経済オンライン』。リニューアルと合わせて、約50個の新連載をスタートしました。ビジネス、IT、アジア、マネー、キャリア、教育、アジア、カルチャーなど、多様なジャンルから、各界のキーパーソンたちに、切れ味鋭い記事を提供していただきました。

そんな新連載のなかで、読者のみなさんにいちばん読まれたものはどれでしょうか。それを知るため、リニューアルから現在までの、週間ランキングを作成してみました。新年にも、続々と新連載をスタートいたしますので、ぜひご期待ください。

11月12~18日 連載ランキング

(カッコ内は連載タイトル名)

1位 日本を激変させた「男性不況」とは何か?

  (「男性不況」が日本を変える)

2位 なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか?

  (野球界に見る 凡才がトップに登り詰める方法)

3位 キンドルが売れないこれだけの理由

  (紙メディア VS ネット 最終決戦)

4位 佐藤優(上)「死から逆算して生きよ」

  (新世代リーダーの条件)

5位 猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか?(上)

  (インパクト対談 インパクト志向を実践する者たち)

6位 Twitterがいつの間にか変わっていた

  (ネットって気持ち悪いですか)

7位 本格的復活は早くても5年後だ!

  (中原圭介の2013年の世界経済を読む)

8位 内向きの時代は終わり、留学人気が再燃する

  (東大とハーバード。目指すならどっち?)

9位 ドケチの日銀がケチになり円安進行!?

  (競馬好きエコノミストの市場深読み劇場)

10位 ローソン、SNS躍進の仕掛人

 (あの企業のチェンジリーダーたち)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT