マツキヨが高額PBで攻めるワケ

流行を追わず、顧客ニーズを追求

マツキヨの今2013年3月期の会社計画は、売上高4500億円(前期比3.5%増)、営業利益187億円(同3.3%増)と、堅調な増収増益。12年4~9月期(上期)終了時点では、売上高、利益ともほぼ計画線上に推移している。月次で発表される既存店売り上げ動向によれば、足元でも順調を維持しているようだ。

中国人観光客の動向に左右されないために

マツキヨの場合ほかのドラッグチェーンと異なり、渋谷、秋葉原など売り上げの大きい都心店舗は中国人観光客の買い物動向に少なからぬ影響を受ける。反日デモで観光客が減った中でも計画通りの売り上げ、利益を確保できたのは、前記のような高付加価値PBや化粧品の販売が国内顧客にしっかり受け入れられているからにほかならない。

“シンプルで安い”PBが大半を占めるドラッグストア業界で、あえて高付加価値PBに力を入れるマツキヨ。日用品の低価格化が深刻な中、連続最高益を出し続けられる秘密の一端がここにある。

(撮影:大澤 誠)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング