発送電分離より、小売り全面自由化を進めよ

論争!発送電分離

その際、事業者がインフラを持っていると、サービスのバラエティがなくなる。「インフラを持たないサービスインテグレーター」のような事業者が自由に商品を売ればいいと考えている。今の電力会社は、こうしたサービスインテグレーターに商品を卸せばいい。

市場原理を無視した固定価格買い取り制度は不要

――発送電分離の必要性としては、再生可能エネルギーを国家戦略的に拡大していくうえでも、送電網の中立性が不可欠という考え方が指摘されます。

コストの高い再生可能エネルギーを、FIT(固定価格買い取り制度)で市場原理を無視して送電網に取り込むこと自体がおかしい。よりコストの安い火力発電や原発の投資が抑制され、稼働が止まることで、二重にコストがかさむ。それが電力料金に跳ね返ってくる。

ドイツではすでに買い取り価格が20円程度まで下がってきているのに、なぜ日本は40円から始めなければならないのか。ドイツでは、バックアップ電源としての火力発電を維持するために、国がコストを負担するという事態にも至っている。

再生可能エネルギーを拡大するのならば、電力会社に再生可能エネルギー導入を義務付けるRPS制度(12年7月に廃止)を強化(導入比率の増大)したほうが、コスト競争力のあるエネルギーから導入が進むため、まだましだった。FITはCO2対策としても高くついているし、エネルギー政策としての必要性はさらに薄い。

さわ・あきひろ●1957年大阪府生まれ。1981年、一橋大学経済学部卒、通商産業省(現経済産業省)入省。1987年、プリンストン大学ウッドローウィルソン行政大学院修了、行政学修士(MPA)。2001年、経済産業省産業技術環境局環境政策課長。03年、経済産業省資源エネルギー庁資源燃料部政策課長兼燃料政策企画室長。04~08年、東京大学先端科学技術研究センター教授。07年より現職。11年、特定非営利活動法人国際環境経済研究所所長・副理事長(現職)。

(撮影:今井康一)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。