ニッチな強みを生かせない会社が多すぎる

本当の強みに気付けない残念な人たち

取材したある部品製造会社は、アフターメンテナンスのレベルが高いという強みをもっていました。

お客様からの問い合わせに熟練のメンテナンス担当がきめ細かく対応。その対応力が次の製品開発のきっかけを数多く作り出しています。加えて、追加の注文も営業以上に取っているとのこと。こうした顧客対応力は会社の強みと言えるのではないでしょうか。ところが、

「うちの会社は製品開発力こそ強み。他の部署はその強みに依存しているだけですね」

と語る社長。どうやら「強み」に気づいていない様子です。本来であればメンテナンスの対応力をさらに磨いて、体系化し、そして社外にプロモーションすることでビジネスが成長する可能性がありますので、残念な話です。

磨けば育つ強みを探す

いずれにしても社内に内包している「強み」を見つけ出して徹底的に磨けばニッチトップとして会社の成長に大きく貢献する可能性があります。みなさんも社内に潜んでいる強みを探してみてください。さらに言えばそれを見つける努力をしている、もしくは磨いている会社は、成長の可能性が大きいと言えます。

つい、社内で成長ビジネスを考えようとすると「これまでにない」とか「まったく違った領域」などと新たな分野への挑戦に目が向きがち。たとえば、取材した自動車部品会社は電気自動車の時代になると自社の製品が不要になるとの危機感もあり、自社には将来的に生かせる強みはないと決めつけて、

「新たに農業ビジネスに取り組むことにしました」

と社内に誰も経験がない、ノウハウもない領域で成長ビジネスを行おうとしていました。そのために社内で若手社員を人事異動させて経営陣と国内外の視察をおこなって「しいたけとかほうれん草がいいのでは?」と分野を決めるプロセスに入っていましたが、誰も専門家がいないので決めるまで、相当な時間がかかりそうです。

でも、本当に社内にはニッチトップを目指せる強みはないのでしょうか?もう一度、社内を徹底的に見つめなおして、磨けば育つ強みを探してみてはどうかと思います。同様にみなさんの会社でも隣の芝生が青く見えてしまい、自社の強みを見逃すようなことがないよう気を付けてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。