ニッチな強みを生かせない会社が多すぎる

本当の強みに気付けない残念な人たち

取材したある部品製造会社は、アフターメンテナンスのレベルが高いという強みをもっていました。

お客様からの問い合わせに熟練のメンテナンス担当がきめ細かく対応。その対応力が次の製品開発のきっかけを数多く作り出しています。加えて、追加の注文も営業以上に取っているとのこと。こうした顧客対応力は会社の強みと言えるのではないでしょうか。ところが、

「うちの会社は製品開発力こそ強み。他の部署はその強みに依存しているだけですね」

と語る社長。どうやら「強み」に気づいていない様子です。本来であればメンテナンスの対応力をさらに磨いて、体系化し、そして社外にプロモーションすることでビジネスが成長する可能性がありますので、残念な話です。

磨けば育つ強みを探す

いずれにしても社内に内包している「強み」を見つけ出して徹底的に磨けばニッチトップとして会社の成長に大きく貢献する可能性があります。みなさんも社内に潜んでいる強みを探してみてください。さらに言えばそれを見つける努力をしている、もしくは磨いている会社は、成長の可能性が大きいと言えます。

つい、社内で成長ビジネスを考えようとすると「これまでにない」とか「まったく違った領域」などと新たな分野への挑戦に目が向きがち。たとえば、取材した自動車部品会社は電気自動車の時代になると自社の製品が不要になるとの危機感もあり、自社には将来的に生かせる強みはないと決めつけて、

「新たに農業ビジネスに取り組むことにしました」

と社内に誰も経験がない、ノウハウもない領域で成長ビジネスを行おうとしていました。そのために社内で若手社員を人事異動させて経営陣と国内外の視察をおこなって「しいたけとかほうれん草がいいのでは?」と分野を決めるプロセスに入っていましたが、誰も専門家がいないので決めるまで、相当な時間がかかりそうです。

でも、本当に社内にはニッチトップを目指せる強みはないのでしょうか?もう一度、社内を徹底的に見つめなおして、磨けば育つ強みを探してみてはどうかと思います。同様にみなさんの会社でも隣の芝生が青く見えてしまい、自社の強みを見逃すようなことがないよう気を付けてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。