中国海軍の軍艦1隻が日本の領海に侵入

鹿児島県口永良部島の西方で

 6月15日、世耕弘成官房副長官は、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。写真は2月、カンボジアでの軍事演習に参加した中国海軍の軍艦(2016年 ロイター/Samrang Pring)

[東京 15日 ロイター] - 世耕弘成官房副長官は15日午前の会見で、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。

NHKによると、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の西方で日本の領海に侵入したのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。

報道によると、同艦船はその後、南東の方向に進み、午前5時ごろ領海を出た。中国海軍の艦艇が日本の領海に侵入するのは極めて異例だという。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。