中国海軍の軍艦1隻が日本の領海に侵入

鹿児島県口永良部島の西方で

 6月15日、世耕弘成官房副長官は、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。写真は2月、カンボジアでの軍事演習に参加した中国海軍の軍艦(2016年 ロイター/Samrang Pring)

[東京 15日 ロイター] - 世耕弘成官房副長官は15日午前の会見で、中国海軍の軍艦1隻が午前3時半ごろ、鹿児島県口永良部島西方で日本の領海に侵入したことを確認したと明らかにした。

NHKによると、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の西方で日本の領海に侵入したのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。

報道によると、同艦船はその後、南東の方向に進み、午前5時ごろ領海を出た。中国海軍の艦艇が日本の領海に侵入するのは極めて異例だという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT