ユナイテッド航空「空の絶景」が大ブレイク

旅客事業で生まれたインスタの成功事例

飛行機からの「空の絶景」はキラーコンテンツだ

飛行機での長旅を嫌う人は多い。しかし、窓から見られる絶景は格別だ。飛行機に搭乗するたびに、窓に映る景色をインスタグラムに投稿している人は多いだろう。

ユナイテッド航空(United Airlines)が最初にインスタグラムを使い始めたのは2013年のこと。当初はイベントの写真やスポンサー画像、ソーシャルメディアチームのスナップ写真に、シカゴのネットワークオペレーションセンターの舞台裏写真まで、あらゆる種類の写真をポストしていた。

しかし、ユナイテッド航空のソーシャルメディアチームと広告代理店であるワンダーマン(Wunderman)が、過去数年のデータを分析して分かったのは、単純なことだった。それは、飛行機からの絶景を写した画像は、ほかのどのようなコンテンツよりも人を惹きつけているということだ。

差し詰め「プレーンポルノ」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

夕焼けに赤く染まる雲を滑空する旅客機の羽、鳥の視点から眺める見渡す限り広がる大空の景色。飛行機から撮影されるこういった画像は、ほかのコンテンツよりも145%も多く「いいね!」を集めている。食べ物の画像や動画はソーシャルメディアでの人気の高さから「フードポルノ」と呼ばれるが、これは差し詰め「プレーンポルノ」といえるだろう。

次ページ「旅行の仲間」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT