3か月後は上向き、期待度1位は輸送用機器

『会社四季報』有力エコノミスト景気調査

■「期待できる業種」は「輸送用機器」や「医薬品」など

今回は「景気四季報」の初回であり、特別調査として「注目の業種」をたずねた。結果はエコノミストそれぞれの視点があるため極めて多彩なものとなった。

東証33業種分類のうち、「期待度1位」として挙げられたものだけでも、「輸送用機器」と「医薬品」をそれぞれ3氏が挙げ、「建設業」と「機械」と「不動産業」と「情報・通信業」をそれぞれ2氏が挙げ、そのほかにも「電気機器」と「倉庫・運輸関連業」と「証券、商品先物取引業」と「卸売業」が挙げられているのだから。
一方で「期待度33位」すなわち最下位として挙げられたのは、原発問題を抱える「電気・ガス業」が圧倒的に多かった。


 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT