3か月後は上向き、期待度1位は輸送用機器

『会社四季報』有力エコノミスト景気調査

その結果として、図2にも示されているように、「6カ月後の景気水準」はなんとか「どちらとも言えない水準」(曇りマーク)にまでは高まると予測されているのだ(表1の「景況感」についての回答一覧を参照)。

「注目点」としては新政権への注文が多数

そうした景況感を形成するうえでのエコノミスト自身の注目点としては、新政権への注文が数多く挙げられた(次ページ表2参照)。

たとえば上野泰也・みずほ証券金融市場調査部チーフマーケットエコノミストは注目点として「総選挙後の経済政策」を挙げたうえで、「総選挙後には大型補正予算で景気浮揚が図られる見通し。だが財政規律の弛緩は望ましくない」とクギを刺しているのだ。

次ページエコノミストの注目点は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT