大手化学メーカー、自動車用途の強化に走る

車体の軽量化ニーズに大きな商機

自動車業界は自国の素材・材料メーカーと関係が密な産業で、日系自動車メーカーとの取り引きに限って言えば、海外生産分も含めて化学分野は国内勢が圧倒的なシェアを握っている。ただ、トヨタを始めとする日本の自動車産業は世界で大きな存在感を誇るため、海外の化学会社も熱い視線を送る。

世界最大の総合化学会社、独BASFは昨年、軽さと強度を特徴とする熱可塑性複合材の技術開発センターを横浜市に開設した。ターゲットは自動車の部材・部品用途で、成形品の試作や性能検証のための設備も備える。この技術拠点を戦略的に活用し、軽量化対策に取り組む日本の自動車・部品メーカーとの取り引き拡大を目指している。

車体軽量化の流れを絶好のチャンスと捉え、自動車分野の事業拡大を狙う総合化学メーカーの面々。自動車業界向けの素材・材料を舞台として、各社の陣取り競争が熱くなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。