新型プリウスも採用拡大、「EPP」って何だ?

車の軽量化対策で脚光、世界で採用広がる

発砲ポリプロピレン(EPP)は自動車が最大の用途で、その採用カ所も増えている。写真は同素材の最大手メーカー、JSPの工場ショールーム内

昨年末の発売後、国内で販売台数トップを独走するトヨタ自動車の新型プリウス。世界最高水準の燃費性能が人気の大きな理由だが、その実現に一役買ったのが軽量素材の「発泡ポリプロピレン(EPP)」だ。

EPPは「軽さ」と「緩衝性」を特徴とする素材で、発泡スチロールと同じ発泡プラスチックの一種。いずれも石油由来の原料を発泡させてビーズ状にし、金型の中で高温の蒸気で再度発泡させて成形品に仕上げる。出来上がった成形品の見た目もほとんど同じだ。

発泡スチロールの”高機能版”

ただし、性能面では大きな差があり、EPPは衝撃吸収性がより高い。しかも、発泡スチロールとは違って、欠けたり割れたりしにくく、復元性や耐熱性、耐油・耐薬品性にも優れる。一言で表現するなら、発泡スチロールの“高機能版”で、その分だけ単価も高い。

用途としては液晶パネルや精密部品の輸送梱包材、競技場の基礎材などにも使用されているが、需要の大半を占めるのが自動車向けだ。主に安全性を高めるための衝撃吸収材として、乗用車のバンパーやドアの内側、運転席・助手席の足下部分などに使われてきた。

そのEPPが新たな普及局面を迎えている。三菱ガス化学の上場子会社で、高機能発泡素材を手掛けるJSPによると、直近の世界需要は年間約15万トン。市場規模は過去5年間で実に5割も拡大した。背景にあるのが、自動車の軽量化だ。

次ページシート軽量化の立役者に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT