竹中教授「日本のフィンテックがダメな理由」

米国は無審査でポンと5000万円貸してくれる

冨田:私は野村証券に7年勤めた後、今の会社を立ち上げました。野村証券では個人営業を3年、残りはプライベートバンクを経験しました。シンガポール勤務になり、現地の大学院に通って、ウェルス・マネジメントのプログラムを学んだのもこの頃です。

富田 和成(とみたかずなり)株式会社ZUU代表取締役社長 兼 CEO。一橋大学卒業。野村證券のプライベートバンク部門で活躍後、退職。2013年にZUUを創業。この間2011年シンガポールマネジメント大学ビジネススクール卒業

現在、ZUUオンラインという「金融のバーティカル(垂直)メディア」を運営しており、月間1000万PVを集めています。内容は、おカネのインテリジェンスを身に付け、リテラシーを向上させるための情報提供です。

リテラシーを高めるコンテンツを集積していくと、次の段階として知識をもとに実際の取引をしたい、購買判断をしたいというニーズが出てくるので、「ZUUシグナル」という株のポートフォリオを判断するサービスを提供したり、ファイナンシャルプランナーを探せるサイトを運営したりしています。

山口:私が運営している「グッチーポスト」というネットメディアは、日本だけでなく米国でも同じ情報を提供しており、3万人の会員から毎月会費をいただいているのですが、米国の会員からの会費は、ペイパルという決済サービスを利用して受け取っています。かれこれ10年近くお付き合いしているのですが、最近驚いたことがあるのです。

審査なしでポンと5000万円を貸す米フィンテック企業

山口 正洋 (ぐっちーさん、やまぐちまさひろ)投資銀行家。慶應義塾大学経済学部卒業。丸紅を経てモルガン・スタンレー、ABNアムロ、ベア・スターンズなど欧米の金融機関を経て、ブティック型の投資銀行を開設。M&Aから民事再生、地方再生まで幅広くディールをこなす一方、「ぐっちーさん」のペンネームでブログを中心に大活躍

ペイパルは、うちの会員からの入金経路を知っているので、どれだけのキャッシュフローがあるのかを、おおよそ把握しています。その情報を分析して、特に書類をかわすこともなく、審査を受けるわけでもなく、ポンと5000万円を貸してくれるのです。こういうサービスを見ると、日本は「まだまだだな」という印象を受けますね。

竹中:たとえば、Airbnbを旅行業の範疇でとらえることに無理があるのです。これは旅行業ではなくソーシャルネットワーキングビジネスです。Uberも同じです。

その観点でフィンテックを見ると、これは金融というよりも、ビッグデータを扱うテクノロジー企業です。では、なぜ今、山口さんが言ったようなペイパルのサービスが日本で行われていないのかというと、ビッグデータの基盤が弱いからです。

実は、銀行は物凄いビッグデータを持っているのですが、それが一連の金融関連業法の「硬い殻」で閉ざされていて、実際のビジネスに生かされていないのです。ただ、AI(人工知能)がどんどん普及するなか、20年後には今の仕事の4割がなくなると言われています。銀行の融資業務や窓口業務もなくなるでしょう。そういう状況ですから、銀行の未来は、今あるビッグデータとテクノロジーをいかに融合させ、新しいビジネスを展開できるかにかかってくるでしょう。

冨田:対個人の与信判定をするにあたって、その人が将来、どのくらいのキャッシュフローを生み出せるのかという点が重要になるわけですが、そのデータは銀行ではなく人材派遣会社が持っているかもしれません。あるいは、携帯電話会社が持っている個人の位置情報は、「頻繁に海外旅行に出かけている」、「よく高い店で買い物をしている」など、その人の消費行動を分析することによって、与信判定のスコアリングに役立つでしょう。銀行と他業態が持つデータを組み合わせれば、かなり高い与信判定ができるようになるはずです。

次ページフィンテックで、日本の金融機関の未来はどうなるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。