日産の北米戦略車、陰で泣いた部品メーカー

垂直立ち上げで勇み足

「自社には直接の影響はなかった」というある内装系部品メーカー幹部は、「新型車を量産するに際して、完成車メーカーは部品メーカーの生産の準備状況を何段階かでチェックする。準備が不十分で計画数量に耐えられないと判断すれば、どこかの段階でストップが掛かるはず。生産が始まったと言うことは完成車メーカーがゴーサインを出したから」と言う。

日産のチェックは十分だったのか

つまり、部品会社の準備不足もさることながら、日産自身がチェックを怠った(省いた)か、ある程度認識していながら、垂直立ち上げを意識しすぎて勇み足があったと考えられる。

日産では11年からスタートし16年までの中期経営計画で、モジュール化を核とする新しい車両設計技術「日産CMF」を導入し、51車種もの新型車を投入すると宣言している。新設計思想での大量の新型車を立ち上げるとなると、部品メーカーにはますます負荷がかかることも予想される。今回の北米の混乱はほぼ収束してきた模様だが、中期計画の完遂には、部品メーカーとの連携の不備は許されない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。