日産の北米戦略車、陰で泣いた部品メーカー

垂直立ち上げで勇み足

「自社には直接の影響はなかった」というある内装系部品メーカー幹部は、「新型車を量産するに際して、完成車メーカーは部品メーカーの生産の準備状況を何段階かでチェックする。準備が不十分で計画数量に耐えられないと判断すれば、どこかの段階でストップが掛かるはず。生産が始まったと言うことは完成車メーカーがゴーサインを出したから」と言う。

日産のチェックは十分だったのか

つまり、部品会社の準備不足もさることながら、日産自身がチェックを怠った(省いた)か、ある程度認識していながら、垂直立ち上げを意識しすぎて勇み足があったと考えられる。

日産では11年からスタートし16年までの中期経営計画で、モジュール化を核とする新しい車両設計技術「日産CMF」を導入し、51車種もの新型車を投入すると宣言している。新設計思想での大量の新型車を立ち上げるとなると、部品メーカーにはますます負荷がかかることも予想される。今回の北米の混乱はほぼ収束してきた模様だが、中期計画の完遂には、部品メーカーとの連携の不備は許されない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。