「独立しても儲からない人」の残念すぎる行動

効率的に時間を使えるかが勝負を決める

●食える人は「混雑時にランチを食べない方法を探す」
●食えない人は「12時にランチを食べようとする」

12時になると、みんな一斉にオフィスビルから出てきて、ランチを食べに行く。オフィス街では、こんな光景をよく見かけます。なかには長い行列ができているお店もあれば、相席で忙しくご飯をかきこまなければいけないお店もあります。

サラリーマンの場合、会社のルールで12時から13時までがランチの時間と決められていれば、それに従うしかありません。混雑を承知で人気のお店の行列に並ぶか、それほどおいしくはないけれど空いているお店を探すことになります。

高層のオフィスビルであれば、お昼時はエレベーターがなかなか来ないし、ギュギュウに押し込まれてしまう。満員電車と同じです。私は東京の西新宿にセミナールームを構えているのですが、都庁や高層ビルが林立しているので、12時になると空いているお店を探し歩く「昼食難民」が発生しているのをよく見かけます。

毎日のルーチンはできるだけ効率化

一方、起業家は時間の使い方を自分で決められます。だから、いつランチを食べてもいい。自分が食べたいタイミングでかまわないのです。私は、ランチは開店直後に行きます。11時からお店がオープンするなら、11時には入店するようにします。12時ちょうどにランチを食べに行くこともなければ、行列に並ぶこともありません。同じおいしいものを食べるなら「並ばずにゆっくりと食べたい」「並ぶ時間がもったいない」と考えます。

会社員はそんなことはできないと思いますか?会社員であっても、ランチの混雑を避ける方法は、いくらでもあるはずです。職場のルールが許すなら、ランチタイムを12時前や13時以降にずらせば、好きなお店で食べられます。もしくは、弁当をつくったり、出勤途中で買ってきたりするといった方法もあります。

外でのアポイント時間を工夫して、自分のランチタイムを14時くらいにもってくることもできるかもしれません。銀行のATMも同じ。給料日は、ATMの前でお金を下ろそうという人が行列をつくります。行列に並びながら、まだかまだかとイライラしているサラリーマンもいます。

混み合う時間帯はわかっているのですから、そうした時間を避ければいい。多くの会社の給料日である25日を避ければもっとスムーズでしょうし、手数料はかかりますがコンビニなど24時間引き出せるATMを利用してもいいでしょう。

起業家はこのように、時間を自分でコントロールしようという発想をするのですが、サラリーマン体質の人は思考が停止し、毎回「しかたない」で済ませてしまいます。そんな人が起業すると、「稼げないのはしかたない」という発想になってしまいます。時間は有限です。起業家は時間を効率的に使うことを考えて行動します。毎日ルーチンでやらなければならないことは、できるだけ効率化できる方法を探すことが大切です。

次ページ代わりがきかないという自覚
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。