裁判所がジョニー・デップに接近禁止命令

妻アンバー・ハードが「日常的なDV」を主張

 5月27日、米人気俳優ジョニー・デップさんとの離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハード(写真右)さんが、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。ロサンゼルスの裁判所で撮影(2016年 ロイター/Rollo Ross)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米人気俳優ジョニー・デップさん(52)との離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が27日、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。

裁判所はデップさんに対し、一時的な接近禁止命令を発令し、ハードさんの100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じた。

ハードさんはデップさんから日常的に言葉による暴力や精神的、身体的DVを受けていたと主張。証拠として、負傷した自身の顔写真を裁判所に提出した。

ハードさんはまた、月5万ドル(約550万円)の配偶者手当も求めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT