裁判所がジョニー・デップに接近禁止命令

妻アンバー・ハードが「日常的なDV」を主張

 5月27日、米人気俳優ジョニー・デップさんとの離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハード(写真右)さんが、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。ロサンゼルスの裁判所で撮影(2016年 ロイター/Rollo Ross)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米人気俳優ジョニー・デップさん(52)との離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が27日、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。

裁判所はデップさんに対し、一時的な接近禁止命令を発令し、ハードさんの100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じた。

ハードさんはデップさんから日常的に言葉による暴力や精神的、身体的DVを受けていたと主張。証拠として、負傷した自身の顔写真を裁判所に提出した。

ハードさんはまた、月5万ドル(約550万円)の配偶者手当も求めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。