裁判所がジョニー・デップに接近禁止命令

妻アンバー・ハードが「日常的なDV」を主張

 5月27日、米人気俳優ジョニー・デップさんとの離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハード(写真右)さんが、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。ロサンゼルスの裁判所で撮影(2016年 ロイター/Rollo Ross)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米人気俳優ジョニー・デップさん(52)との離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が27日、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。

裁判所はデップさんに対し、一時的な接近禁止命令を発令し、ハードさんの100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じた。

ハードさんはデップさんから日常的に言葉による暴力や精神的、身体的DVを受けていたと主張。証拠として、負傷した自身の顔写真を裁判所に提出した。

ハードさんはまた、月5万ドル(約550万円)の配偶者手当も求めている。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。