教育の大転換「高大接続」を知っていますか?

一大構想とその課題を丸ごと解説

こうしたさまざまなトピックの中、昨年、特に注目を集めていたテーマのひとつが、College Board(日本で言うところの大学入試センター)と無料教育サイト・カーンアカデミーが連携した無償の学習コンテンツサービス“Free SAT Practice Resource”だ。

そもそも米国版の統一テスト「SAT」は、日本のように知識量を試すようなテストではなく、論理的思考力、数的処理能力などを見る試験として、これまでも一定の評価を得ながら、大学入試に必須の共通試験として活用されてきた。

しかし米国ではこれまで、生まれ育った環境の違いがSATの成績を左右してしまうことが問題と認識されており、それを解決しきれていなかった。チューターを雇って試験対策を行える裕福な家庭のほうが、そうでない家庭よりも試験結果がよくなるという現実だ。

長年にわたって、暗黙の了解事項となっていたこの問題を初めて解決し得るものとしてCollege Boardが提示したのが、カーンアカデミーとのプロジェクト。つまり、学習コンテンツの無料化だった。

ここでは、SATの問題例をオンラインで紹介し、カーンアカデミーが作成したテスト対策コンテンツを、誰でも無料で受講でき、アカウントを作成すれば自分の学習の進捗状況を把握することもできる。オンラインでSATの模擬試験を受けることもできる。

高大接続の実現のために学ぶべきこと

このような教育全体の大きなテーマの議論で白熱するNACAC。その先進的な内容には驚くばかりだが、それはやはり、行政、高校、大学、民間が、垣根を設けずに議論し、解決していく姿勢が共有されているからだろう。

ところが、日本にはそうした場がない。仮に、日本にもNACACのようなコミュニティがあれば、改革のステークホルダーが一堂に会して、利害を超えて自由に議論を交わし、解決への道筋を話し合っていくことがもっとスムーズ、迅速にできるはずだ。国の審議会だけでは到底足りない。

貧富の差を乗り越えるための教育コンテンツの無償化など、どんどん先をゆく米国と、高校と大学の連携が必要というスタート地点に立ったばかりの日本。この改革を成功させるためには、日本も米国の取り組みからもっと学ぶべきではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。