日本メーカーの牙城、デジカメ没落の危機

スマホが市場を浸食

見えない打開策

特にシェアが低いメーカーの先行きは厳しい。業界7位で今期の販売台数650万台を見込むオリンパス。12年度のデジカメ事業は80億円の損失となる見込みで、3期連続の赤字だ。9月に資本提携したソニーと部品の共同調達などの協業を模索するが、「外科内視鏡での連携が優先で、デジカメはその後」(オリンパス関係者)と交渉は停滞している。

200万台の販売を見込むカシオ計算機も、北米や欧州など不採算地域で事業を縮小した。「デジカメ事業からの撤退はない」と同社幹部は話すが、今後については「規模の拡大は求めない。デジカメ技術をタブレットなど新製品開発に展開する」というだけで、デジカメ事業そのものの再建策は見えない。

各社とも成長するスマホとの共存へ試行錯誤している。スマホに無線で画像を転送できる機種を増やしているほか、ニコンは米グーグルの基本ソフト(OS)であるアンドロイドを採用したデジカメを9月に発売した。が、アンドロイドデジカメの売れ行きはよくないようだ。

結局、高級コンデジへのシフト以外に打開策が見いだせない各社。成長途上とはいえ、国内で見るとコンデジ全体の販売台数に占める高級機種の割合は3%程度。金額ベースでも1割と小さく、ニッチにすぎない。

日本企業の寡占市場で、世界で戦える数少ない製品の一つであるデジカメ。その販売台数の8割超を占めるコンデジも、スマホで成長するアップルやサムスン電子に脅かされ、厳しい戦いを強いられそうだ。

(本誌:島 大輔=週刊東洋経済2012年12月8日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。