グーグル「声で家中を操作」の巨大すぎる野望

部屋全体が音声認識デバイスになる!

グーグル・ホームは2016年後半に登場の予定で、価格や発売日は明らかにされていない。価格次第という面もあるため、今の段階でどのような使われ方をするか、予測するのは困難だ。

そのことを前提としてあえて可能性について言及したい。それは「コンピュータの使い方そのものを変えてしまうかもしれない」ということだ。コンピュータが一般の人々に広く行き渡るようになってから、そのスタンダードな姿をいくつか変えている。デスクの上で据え置き型で使うコンピュータから、ノートパソコンが主流になった。スマートフォンをコンピュータととらえれば、机の上、膝の上で使ってきたコンピュータは、手の上へと落ち着いた。

これらのデバイスの共通点は、いずれも、ディスプレーを目で見て操作することだった。ディスプレーを用いることで、さまざまな情報を効率的に表示することができ、入力している内容の確認にも便利だからだ。現在ではパソコンもタブレットも、スマートフォンのようにディスプレーに直接触れて操作するようになった。

コンピュータにわがままを言える時代に

ディスプレーのないコンピュータだ(著者撮影)

しかしグーグル・ホームは、簡単な有機ELのディスプレーを備える以外は、声での操作へと割り切っている。マルチタスクによって高機能であることをアピールしてきた既存のコンピュータに対し、対話型のインターフェースはひとつの機能に集中させることになる。

ディスプレーのないコンピュータは、既存のコンピュータに慣れた人にとっては、とても使いにくいだろう。コンピュータの動作をディスプレーを通じて俯瞰的に見られなくなるし、なにより、「今どういう状態なのか」を目で確認してから使い始めることができない。実際には、音声アシスタントは、いつでも待ち受けているため、いつ話し始めてもよいのだが、このことに慣れるにはハードルがありそうだ。

今までわれわれが、いかにコンピュータのご機嫌をとりながら接してきたかがわかる例だ。人々がコンピュータに対して、もっとわがままを言えるようになる、そんな気づきをもたらしてくれる可能性がありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。