「芸術」で地方経済は変わる?佐賀大の新機軸

全入時代、地方大学の生き残りをかけた模索

「芸術の観点から地域に貢献できる人材への社会的要請が強まっている」。小坂智子学部長は、「地域」という名称が加わった理由をこう説明するが、「社会貢献・地域貢献」の一層の推進を求める文科省の方針に沿うものでもある。

芸術で地域をデザインするという切り口が魅力になったのか、受験者の出身地の傾向に変化がみられた。佐賀県出身者の割合は23.6%で、単純比較はできないが、前年度の文化教育学部の31.5%から減少。逆に福岡県出身者が34.0%から43.5%に増加した。

実際の就職先をどう開拓していくかが課題

大学側は、専門性の高さや総合大学としての学びの多様性をアピールするのに躍起だ。少子化で「全入時代」を迎え、大学間の学生獲得競争は激しさを増しており、生き残りを図るには独自色が欠かせない。

一方で、地域の将来やグローバル化を担う人材へのニーズの高まりとともに、国が大学に要求する役割は増すばかりだ。文科省は国立大学法人の人文学部系の見直しを掲げ、「社会的要請の高い分野への転換」をさらに求めている。

こうした傾向から「成果に対する評価が厳しくなる」という見方も学内にはある。大学は、美術教員や陶芸家、映像クリエーター、キュレーターなどを卒業後の具体的な進路に掲げるが、実際の就職先をどう開拓していくかを含め、大きな課題になってくる。

小坂学部長は「新学部で注目されていることもあり、卒業生の進路は当然重要。社会に貢献できる人材を育成することが結果として就職にもつながる」と強調する。学びの機会を丁寧に積み上げ、実績につなげたい考えだ。

佐賀新聞LIVEの関連記事
佐賀大学芸術地域デザイン学部 2コース5分野で育成
佐賀大学「セラミック研究所」始動
佐賀大で宇宙飛行士テストに挑戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。