バラマキとえこひいき「悪さ加減の選択」

子ども手当てだけじゃない、減税だってバラマキだ!

有権者と政治を結ぶ「バラマキ」

えこひいきが社会的にも政治的にも難しくなる中では、たとえ批判されても、バラマキは有権者と政治を結ぶ数少ない縁(よすが)となる。

たとえば、農業協同組合も農村部を中心とした強力な「集団」のひとつである

子ども手当なら、子どもがいるという特性を持つ人々へのバラマキとイメージしやすい。だが、実際におカネをバラマくわけではない「減税」も、実質的には高所得層へのバラマキだ。

いずれにしても、政権を握る政治家たちは、バラマキによって有権者の期待に応え、それを継続的な支持に結び付けることで、支持基盤を作ろうとする。

その作業は、政治不信の深刻な日本では重要な意味を持つ。有権者が政治に対して期待を持ち、それが実現されるというサイクルを地道に積み重ねることが、政治への信頼回復につながるからだ。

もちろん、政権に入っていない野党が、野党に期待する有権者のために、政権によるバラマキを批判することはありうる。政権政党が有権者の期待を実現できないことが、野党の利益になるからだ。

しかし、バラマキが一般に認められないとすれば、政治は立ち往生し、政治不信が解消されることもない。

「えこひいき」の時代に回帰しないのであれば、私たち有権者は、「バラマキ」の政治との付き合い方を学習する必要があるだろう。

 

【初出:2012.11.3「週刊東洋経済(アップルはいつまで特別か)」

 

(担当者通信欄)

 支持の基盤となる「集団」への「えこひいき」は与党(≒自民党)の戦略、ある属性を持った「個人」への「バラマキ」は野党の戦略、と従来考えられていた。ところが、財政資源の制約の厳しい現在では、この与党の戦略はほとんど不可能に。

それなら、有権者全員が幸せになれるわけではなくとも、限られた資源をどう配分することが望ましいのか、有権者の私たち一人ひとりが「バラマキ」と の付き合い方を考えるべし!ということですね。自分がバラマキの対象になるかどうかということは、必ずしも第一の判断基準にはならないのかもしれません。

さて、砂原庸介先生の「政治は嫌いと言う前に」連載第2回は2012年11月26日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、新流通モンスターアマゾン)」に掲載です!
注目される「第三極」とは何なのか、彼らの抱える問題は何なのか?
衆議院解散を受けての緊急執筆です。(原稿あらかた書き終えていただいてから解散決定。急遽差し替えとなりました。)

 

 

売れ行き好調、 砂原先生の最新著作! 『大阪―大都市は国家を超えるか』(中公新書) 橋下改革の最前線にある大阪市立大学から、地方自治の専門家として国家と対峙する大都市「大阪」の来歴と今後を議論します!

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。