スマホと一眼レフの間で埋没するコンデジ

オリンパスは部門赤字続く

これまでもスマホの普及による市場縮小が指摘されてきたコンデジだが、ここにきてデジカメ業界全体で数量減に拍車がかかり始めている。ある中堅カメラメーカー幹部は、「今年の6月あたりを境に、コンパクトデジカメの売上が想定以上に落ちている。どのメーカーも状況は同じ」と打ち明ける。

この状況に各社も手をこまぬいているワケではない。ニコンは無線LAN(Wi-Fi)対応を通信機能を持つモデルを9月に投入。また、富士フイルムが11月にファッション性の高いデザインを採用した高級路線の新モデルを発売するなど、各社高価格帯モデルの拡充に余念がない。

しかしながら、主要デジカメメーカーの戦略を見るかぎり、コンデジの不振に対する明確な打開策は見えてこない。デジカメ部門の赤字に苦しむ中堅以下のメーカーはこの状況から脱却できるか。日本メーカーが得意としてきたデジカメも正念場を迎えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT