ジャガー初のSUV「Fペース」に乗ってみた

アルミボディで高出力、快適性も申し分なし

絶景にたたずむジャガー初のSUV「Fペース」

ジャガーからブランド初のSUVが登場した。その名はFペース。フレームとボディにアルミニウムを用い、強靱かつ軽量なボディを手に入れたニューモデルは、群雄割拠のSUV市場にどう挑むのか。ヨーロッパ南東部、モンテネグロを舞台に試乗した。

日本でもこの1月から予約受注がスタートをされている、ジャガー初のSUV「Fペース」。遥かモンテネグロの地で開催されたそんなモデルの、待望だった国際試乗会へと早速参加をしてきた。

どうしてまたそんな場所で……というよりも、「モンテネグロってどこ!?」と、白状をすれば当初はそんな疑問すらを抱くことを余儀なくされたのがこのイベント。

ワインディング・ロードの宝庫

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

けれども、本社が仕立てたパリからのチャーター便に乗り込み、2時間半ほどのフライトでいざ現地へと到着してみれば、その”謎”はたちまち氷解することとなった。

アドリア海東側のボスニア・ヘルツェゴビナとアルバニアの狭間、と説明するよりも恐らくは多くの人にとっては「イタリア半島の“かかと”の対岸」と表現した方が通りが良いであろう場所に位置するこの国は、実はまさに絶景と言うしかない感動的なランドスケープと、ワインディング・ロードの宝庫であったからだ。

百聞は一見に如かず。絶景を走り抜けるFペース

もちろん、冷静に考えればそれは「1年前からこの地での開催を画策していた」というジャガーのイベントチームが、苦労の末にその場所を探し出して来た結果に違いない。が、いずれにしてもそこには、こうしたモデルをテストドライブするのにまさに最適と言うしかない、すべての要素が整うロケーションが用意されていたのだ。

次ページ強靭さと軽量さを追求したアルミ骨格
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。