住友商事がJ:COM非上場化のナゼ

狙いは配当の山分け

だが、現在は融資残高を維持して金利を払ってくれるのが銀行にとっての上顧客。返済期間を延ばせばいくらでも配当可能額は増える。配当金総額を300億円くらいにすることは特に難しくはない。

もともとは意に沿わぬパートナーでも、一緒にやっていかざるを得ないなら利益の最大化を図る。そこではじき出される少数株主は気の毒だが、まさにダイナミックな総合商社的現実主義の発露といえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。