最も割安な「グランクラス」はどの新幹線?

1分当たりの利用料金でランキングすると…

画像を拡大
東北新幹線E5系のグランクラス(撮影:尾形文繁)

そこで、グランクラスのフルサービスが受けられる、毎日運転の列車をピックアップ。各列車の始発から終点まで、グランクラスに乗った場合の、1分当たりの利用料金を計算し、「グランクラスのサービスをお得に受けられる列車はどれか」を探してみた。

まずは、東北・北海道新幹線。グランクラスは、東京―盛岡を結ぶ「やまびこ」と、東京―仙台・盛岡・新青森・新函館北斗を結ぶ「はやぶさ」に連結されている。

コストパフォーマンスが一番いいのは、東京発8時48分、盛岡着12時54分の「やまびこ43号」だ。東京―盛岡の所要時間は3時間19分。速達型の「はやぶさ」よりも1時間以上遅いが、その分グランクラスをたっぷりと満喫できる。乗車券、新幹線特急券、グランクラス料金をあわせた料金が2万2960円で、1分当たりのグランクラス料金は115.4円となった。

東京発8時40分の「はやぶさ7号」に乗って、終点の青森まで行くと、所要時間は3時間11分。「やまびこ43号」より8分も短いにもかかわらず、料金は2万7110円と4150円も高い。グランクラスのサービスだけが目的なら、「やまびこ」の方が断然お得だ。

以下、東北・北海道新幹線のお得な列車を調べて行くと、東京―盛岡の「やまびこ」が上位を独占する。東北新幹線は、最高時速320kmの「はやぶさ」に乗る場合、東海道新幹線の「のぞみ」と同じく、通常の新幹線特急料金にプラス料金(510円)がかかることから、「やまびこ」のお得感が増している。

早く到着すると「損」?

一方、コストパフォーマンスが悪い、もとい、一番ぜいたく感があるのは、東京発21時36分、仙台着23時07分の「はやぶさ37号」と、仙台発6時36分、東京着8時07分の「はやぶさ2号」だ。料金は1万9930円だが、所要時間が1時間31分と短かったため、1分当たりの料金が高額となった。

それに続くのは、東京―盛岡の速達型「はやぶさ」。盛岡までの所要時間が「やまびこ」より1時間以上早く、料金が510円高いこの列車は、グランクラスのサービスを楽しむより、指定席でさっさと目的地へ向かいたい方に向いている列車だ。

4位以降は、新函館北斗発着の「はやぶさ」が並ぶ。これは、列車がJR東日本とJR北海道の2つの会社を直通するためだ。一般的に列車に乗る場合は、遠くへ行けば行くほど特急券は割安となるが、「はやぶさ」の場合、東京―新青森の料金と、新青森―新函館北斗の料金を別々で計算して合算するので、少々割引はあるものの、割高感が出る。そのため、特急料金は、東京―新青森の場合、指定席は7200円(通常期)だが、東京―新函館北斗の場合、1万1130円と、3930円も高い。グランクラスの場合も同様の方式が取り入れられるため、どうしても東京―新青森の「はやぶさ」よりも割高となってしまうのだ。

次ページ北陸新幹線でお得なのは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT