最も割安な「グランクラス」はどの新幹線?

1分当たりの利用料金でランキングすると…

北陸新幹線E7/W7系のグランクラス(撮影:梅谷秀司)

北陸新幹線の場合はどうなのだろうか。調べてみると、東北新幹線より割高な結果となった。これは、北海道に乗り入れる「はやぶさ」同様、JR東日本とJR西日本の2社にまたがるためである。

そんな中、一番割安だったのは、金沢発9時21分、東京着12時40分の「はくたか558号」。通過する駅が安中榛名、本庄早稲田、熊谷の3駅しかない上、長野で12分停車して、「かがやき508号」に追い越されるダイヤとなっているため、1分当たり135.5円と、東京―新青森の「はやぶさ」とほぼ同じ数字となった。ちなみに、この列車で上越妙高から東京まで乗車した場合、JR東日本とJR西日本の2社にまたがらないため、グランクラスや新幹線特急料金が下がり、1分当たりの料金は125.9円となった。

ぜいたく感があるのは、スピード自慢の「かがやき」だ。東京―金沢を最速2時間28分で結ぶ「かがやき509号」と「かがやき514号」は、1分当たり182.2円。一番時間のかかる「かがやき」でも、1分当たり175.1円と、東京―新函館北斗の「はやぶさ」よりぜいたくな結果となった。

ゴールデンウイークや、それ以降に走る臨時列車を調べてみると、お得感があったのは、5月5日に運転される、盛岡発17時40分発、東京20時56分着の「はやて342号」が1分当たり117.1円と「やまびこ」並みの数値だった。また、東北六魂祭にあわせて、6月26日に運転される、新青森16時25分発、東京20時20分着の「はやて380号」は、1分あたり113.2円と、東北新幹線で定期列車最安値の「やまびこ43号」よりも安い数値が出た。さらに、この列車を七戸十和田―東京まで乗車した場合は、1分当たり112.9円。現在のところ6月26日に「はやて380号」で七戸十和田から東京まで乗るのが、一番お得にグランクラスを楽しむ方法と言えるだろう。

車内で「コスパ」のよい楽しみ方は

さて、肝心のグランクラスをどう楽しむか。車内はとにかく上品で、静かな空間を楽しんでもらうため、車内販売がやってこない。また、ソフトドリンクは小さいグラス(映画「幸せの黄色いハンカチ」で、高倉健さんが、出所後、食堂で頼んだビールを注いだときの、あのグラスぐらいの大きさ)に、氷を3個ほど入れ、そこにソフトドリンクを入れるため、すぐになくなってしまう。アテンダントを何度も呼び出すのも、ドリンクを2、3杯一緒に頼むのも品がない。軽食も、6数種類の料理が、それぞれおちょこに入るぐらいの量しか盛られていない。

だが、アルコールは違う。ミニボトルや、350mlの缶とグラスを渡され、しかも飲み放題。なので、グランクラスを満喫したいなら、お酒を飲んでも大丈夫なタイミングで乗車、軽食をツマミ代わりに楽しむのがオススメだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT